注目の記事 PICK UP!

おいしい英国レシピ Vol.7 Shortbread

ショートブレット、“短いパン”?と思わず訳してしまいそうですが、ショートブレットのshortは、短いという意味のほかに、サクサクする、もろい、ぼろぼろする、粉々に砕けるという意味もあります。そしてbreadのパン。それが一つの言葉で、“サクサクするパン”という意味になります。

ショートブレットは、中世のビスケットパンに由来するそうです。そのビスケットパンというのは、今で言うラスクのことで、砂糖・スパイスをかけて2度焼きし、固く、乾燥させた甘いビスケットのこと。そのラスクのオリジナルレシピでは、イースト菌が加えられていたそうですが、時代を経てイギリスやアイルランドでの必需食品であるバターに代えられたようです。

そのショートブレット(ラスク)は12世紀には既に存在していていましたが、16世紀にスコットランドのメアリー女王(1542-1587年)が大好物だったことから広く知れ渡るようになりました。スコットランドでは当時、ショートブレットはとても高価な物であったため、主にクリスマスやホグマニーと呼ばれる大晦日に行われるお祭りで食べられた貴重な食べ物だったそうです。ホグマニーには火を使う行事が多く、その火は太陽を表し、悪魔を排除すると言われています。当時、丸く伸ばして焼かれ中心から三角形になるようにカットされサーブされたのも、その火(太陽)と関係があるそうです。

また、スコットランドの北部にあるシェットランド諸島では、花嫁が新居に入る際に、頭にのせた飾り付けられたショートブレットをエントランスで割るのが伝統だそうですよ。

そんな言い伝えのあるショートブレットには、時代を経るごとに材料も変わっており、

1694年に出版されたReceipt Book of Mrs. Ann Blencoweのレシピには、1poundの小麦粉に、ハーフpoundのバターを加えてパン粉状にしたら、ハーフpoundの砂糖を入れ、なんと最後にホワイトワインを加えてペースト状にして焼いていたそうです。その後、オート麦、セモリナ粉、また米粉が加わったりして、レシピが徐々に変化してきているようです。

今回は米粉を使ったレシピになります。米粉というと、日本というイメージがとても強いですが、イギリスには、お米を牛乳・砂糖・バニラビーンズで炊き込むライスプディングがあったりと、意外とライスはイギリスの食生活に浸透しているようです。

是非米粉を使ったショートブレットをお試し下さい。

 

(材料)

・直径5㎝の大きさ 約18枚分
・175g バター(常温に戻しポマード状にする)
・75g グラニュー糖
・135g 薄力粉
・75g 米粉
・一つまみ 塩
・適量 グラニュー糖(装飾用)

1.ボールにバターとグラニュー糖を入れ、白っぽく、軽くなるまで混ぜる
写真1.1
2.薄力粉、米粉、塩一つまみを①のボールにふるい入れる
写真2.2
3.木べらもしくはゴムベラで混ぜ合わせてパン粉上にしたら、手でよくこねてひとかたまりにする
写真3.1
写真4.1
4.直径5㎝の筒状に伸ばしたら、ラップに包んで冷蔵庫で約20分寝かす
写真5.1
5.オーブンを190度に予熱し、オーブン板にベーキングシートを敷く
6.寝かした生地を約1㎝の厚さになるようにスライスする
写真6.1
7.生地の側面にグラニュー糖をつける
写真7.1
8.切った面をうえにして並べ、オーブンでうっすらと茶色になるまで、約13~15分焼く
9.焼きあがったらすぐに茶こしでグラニュー糖をふりかける
写真8.1
10.完成
出来上がり1.1

関連記事

  1. おいしい英国レシピ No.33 Dorset Apple cake

  2. おいしい英国レシピ No.28 Caraway Seed Cake

  3. 自称・世界一おいしい Pork pieの作り方

  4. おいしい英国レシピ No.27 Ginger Biscuits(Ginger Nuts)

  5. おいしい英国レシピ Vol.1 Ginger cake

  6. おいしい英国レシピ Vol.4 Banana chocolate cake

  7. おいしい英国レシピ No.32 Pumpkin Cake

  8. おいしい英国レシピ Vol.9 Carrot cake

  9. おいしい英国レシピ No.50 Fat Rascals

Twitter

最近の記事

PAGE TOP