注目の記事 PICK UP!

「階級社会イギリス」の意外な真相

イギリス=階級社会、は本当?

イギリスは階級社会だ、とよく言われますよね。
最近ではキャサリン妃が、上流階級(アッパークラス)ではなく中流階級(ミドルクラス)出身ということで話題になっていました。
日本人にはいまいちピンときませんが、使うお店から住んでいる場所、話し言葉まで階級によって分かれている、なんて話も聞きます。
そして有名なのが、「階級によってスーパーマーケットを使い分ける」という話。


いちばんお高いウェイトローズから始まって、マークス&スペンサー、セインズベリー、下はテスコやアスダ、どのお店を使うかはクラスによって決まっているのだとか。
イギリスに暮らす人なら耳にするであろうこの話、私も一応知ってはいたのですが、周りの皆さんを見回すと、どうも余り気にしてはいないようなんですよね・・・。
ウェイトローズは中国人留学生であふれていますし、地元の人も、昨日はセインズベリー今日はテスコと、ほいほいお店を変えているようです

果たして「階級別スーパー神話」(?)は本当なのか、改めてリサーチしてみました。

地元イギリス人のスーパー選び

地元の英国人5~6人に話を聞くと、皆さん一様に「あー、それね・・・」という微妙な表情
いわく、「過去は実際にそうだったし、今でも皆その話を知ってはいるが、今そうしている人はあまりいない。
半分真実、半分はウソかな」。
近年は中流階級が増えたため、「皆が中流」状態になって階級意識も薄れた。一方スーパーも、大衆化が進んでセールをどんどんやるようになった影響で、もはや昔のような大きな違いは感じない、とのこと。
ほとんどの人が、安売りや立地に合わせてその都度便利なスーパーに入っているようです。

御用達スーパーを固定化する人は、すでにオールドファッションになってしまっているんですね。

【関連記事:ロンドンのスーパーで簡単に見つけられるおいしいお菓子まとめ

やっぱり伝統は根強い?

確かに実際生活していても、階級を意識するような場面に遭遇することはほとんどありません。
ただしこれは地方都市の話で、「ロンドンの中心部ではまだそういう意識も残ってると思う」とのこと。
そんなわけで、結論はやはり「半分真実、半分ウソ」に落ち着きそうです。

伝統はそう簡単には無くならないということでしょうか。



The following two tabs change content below.

ふみむら

現在、夫と2人の子供と一緒に、イギリス南西部のデヴォン州に滞在しています。紅茶とミステリーと歴史が好きなので、街を歩いていると古代遺跡の城壁などが無造作に現れる州都エクセターがすっかり気に入ってしまいました。 東京に戻った際、再び満員電車に適応できるかどうかを気にしつつ、家族4人で楽しく過ごしています。

関連記事

  1. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 9

  2. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 3

  3. 海外旅行は大騒ぎ!もしも空港でチェックイン荷物が重量オーバーになったら?

  4. イギリスでコンサートへ行ってみよう!

  5. 「本場」アフタヌーンティの意外な落とし穴

  6. ロンドンの小学校事情まとめ(その2) 小学校の私立・公立の違い

  7. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 12

  8. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 15

  9. テレビ受信料、支払いは義務?(その1)

ソーシャル

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。