注目の記事 PICK UP!

アメリカ英語はイギリスで通じる?

アメリカ英語でも大丈夫!

イギリス英語とアメリカ英語は違う、という話、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
私たち日本人が学校で習うのは、基本的にアメリカ英語。
果たしてどれくらい違うの? 今まで習ってきた英語は通じるの?
なんて思わずドキドキしてしまいますよね。


以下は私の個人的な感想になりますが、結論から言うと、「大丈夫! アメリカ英語、通じます!」

どれくらい違う? 英語と米語

確かにイギリス英語とアメリカ英語、単語だけでもかなり違います
有名どころでは、地下鉄が英では「underground」、米では「subway」。
エレベーターを英では「lift」と呼ぶ、など。
また文法的にも、英国人は完了形を多用します。
「Have you got a time?」(いま何時?)
「Have you seen it?」(見た?)
などですね。

ただ、最近の若い世代は、テレビや映画でアメリカ英語に慣れ親しんでいるため、アメリカ英語を使っても、「え? 何言ってるのかわかんない!」ということはまずありません。
小学生くらいの子は、アメリカ英語の「awesome!」(すごい!)を多用していたりします。
実際にあと数十年たてば、イギリス英語は消滅するのでは?
なんて予想を立てる学者もいるそうです。
英語と米語の垣根は、年々低くなっていっているんですね。

しかし、やはり「本場のプライド」は根強い!!

ただし、聞いて理解できるのと、実際に使うのはまた別の話。
ほとんどのイギリス人はアメリカ英語を理解してくれますが、「それはアメリカ英語だよ」とくぎをさしてきます
こちらからすれば、「通じてるんだからいいじゃん!」と言いたくなりますが、そこは本場のプライドなんでしょうか。
「garbage can」(ゴミ箱)は「rubbish bin」、「braid」(みつあみ)は「plat」、「vacation」(休暇)は「holiday」ときっちり訂正されました。
眼科に行けば、検査医にまで「near sight」(近視)を「short sight」と言いなさい、と訂正される始末。
わかってるけど一言言わずにはいられない、強烈なプライドを感じます。

アメリカ語は外国語

ロンドンのハリー・ポッター・スタジオに行った時のことです。入場前の案内で、スタッフが誇らしげに告げていました。
「ハリー・ポッター・シリーズは、今や60か国語以上に翻訳されています。フランス語、イタリア語、アラビア語、中国語、日本語……そして、アメリカ英語にまで!!」そこにいたイギリス人の観客は大爆笑&拍手喝采
米語との垣根は低くなっても、まだまだイギリス英語は滅びない、と思わせられるような光景でした。

The following two tabs change content below.

ふみむら

現在、夫と2人の子供と一緒に、イギリス南西部のデヴォン州に滞在しています。紅茶とミステリーと歴史が好きなので、街を歩いていると古代遺跡の城壁などが無造作に現れる州都エクセターがすっかり気に入ってしまいました。 東京に戻った際、再び満員電車に適応できるかどうかを気にしつつ、家族4人で楽しく過ごしています。

関連記事

  1. よく使うけど絶対辞書で見つからない英語集

  2. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 3

  3. 「仕事+住居+人脈」!イギリスでおススメの仕事「オーペア」とは?

  4. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 8

  5. アメリカ英語とイギリス英語が思っていたよりも違って面白い!(その1)

  6. 英語に自信がなくてもロンドンなら大丈夫!(?!)

  7. アメリカ英語とイギリス英語が思っていたよりも違って面白い!(その2)

ソーシャル

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。