注目の記事 PICK UP!

イギリスの道路

イギリスは日本と同じ左車線です
なので車も右ハンドルの車です。
日本で日頃車を運転されている方は、イギリスであれば車を運転する際にはすんなり簡単に運転できることでしょう。

ただ、車の車種にもよりますが、ワイパーと方向指示器が日本とは逆なのが多いと思います。
方向指示器を出す際に間違えてワイパーを動かしちゃった、などあると思います。
一般道路の制限速度は30マイル、指定がない国道は60マイル、高速道路は70マイルです。
その他に学校の近くや住宅街の中などの制限速度が20マイルと定められているところもあります。

イギリスで運転する際に気をつけておきたいのが、今回ご紹介するラウンドアバウトという道路
日本にはまだ馴染みがないものの一つかと思います。

【関連記事】イギリスで車を運転しよう!

ラウンドアバウトとは?

イギリスで交差点の代わりで、道路が丸くロータリー式になっているものを意味します。
いたるところにラウンドアバウトがあるかわりに、イギリスでは比較的信号の交差点が少ないかもしれません。
大きなラウンドアバウトでは信号がついていたりもしますが、ないものもあります。
ラウンドアバウトに差し掛かる際には道路標識がでていたりします。

ラウンドアバウトのルール

まず行きたい方向の車線を確認してください。

すべての地域のラウンドアバウトが同じというわけではないので、ラウンドアバウトに入る前に車線を気にかけてください
右折、左折の場合は簡単です。右か左なので。
でも、まっすぐ行く場合などにはどの車線からを確認。

003

もし間違えた車線に入ってしまったら、一応ラウンドアバウト内ではラウンドアバウト内の車が優先ですが、隣車線の車と隣同士になりながら進行する場合もあるので途中で車線を変更するというのは本当に慎重に行わないと事故のもとになってしまいます
その際にはその車線通りに進んで、一旦出てからまたUターンしてラウンドアバウトに戻ってくるといいでしょう(大都市で車の量が多いところなどでは、イギリス在住20年のメディでも車線をよく間違えたり、出口を間違えてしまってUターンするというのがあったりします)。

ページ:

1

2

関連記事

  1. これが「算数」!? 不思議なイギリスの算数教育事情(その2)

  2. イギリスで過ごす週末の午後

  3. イギリス生活Part1 – イギリスの飯は不味いのか?

  4. 「本場」アフタヌーンティの意外な落とし穴

  5. 英語に自信がなくてもロンドンなら大丈夫!(?!)

  6. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 27話 湖水地方と3/11…

  7. 地方都市で見つけたイギリス人の意外な素顔

  8. イギリスのお肉(その1)

  9. イギリスでレンタカーを借りるときに注意すべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP