注目の記事 PICK UP!

聞きづらいけど気になる! イギリス生理用品事情

ところ変わっても、人間のからだの仕組みは変わりません。

今回は、ちょっと人には聞きづらい、でも知らないと困る!
生理用品について、自分が経験した範囲で紹介させていただきます。

基本的に現地調達でOK!

イギリスにおける生理用品ですが、基本的には日本と同レベルのものが手に入ります
長期旅行や留学の場合でも、わざわざかさばる荷物を日本から持ってくる必要はありません。
現地調達で十分!

ナプキンで、日本のものとさほどギャップがなく使えるのは「always」という商品です。
どこのスーパーでも見つけやすい普及品だと思います。

中には「ハズレ」の商品も・・・十分にチェックを!

ということで、特に心配はいりません。
しかし中には「イギリスの生理用品ってすごく使いづらい!何コレ昭和時代!?」という声も・・・。

そう、「基本的には」日本と同レベルのものが買えるのですけど、たまに「えっ?」というオールドファッションな商品に当たったりもするんですよね。
普通は、使いやすい新商品が出れば、古いタイプのものは淘汰されそうなものなんですけど、このへんの事情はよくわかりません。
イギリス人はこんなところまで懐古趣味?

ナプキンで言えば、TESCOやSainsburyなどのスーパーで、羽根つきのものも夜用ビッグサイズもちゃんと入手できます。
ただ、たまに「ただのパッドを折りたたんだだけ!」というタイプも見るので、買う時には注意が必要。
個包装か、羽根つきか、昼用か夜用か、パッケージをちゃんとチェックしてから買いましょう。

004

ナプキン以上にわかりにくいのがタンポン

「Tampax」のように日本の商品とほとんど同じタイプのものもありますが、中にはアプリケーターが紙のタイプも多いのです。
そして、アプリケーター自体がついていない商品も!

002

これは、慣れないと使いにくそうですよね・・・。
ナプキンと違って、パッケージを見ても判別しにくいので、自分に合う物を見つけて、それを買い続けるようにした方が安全でしょう

バッグは自分で持参!

ちなみにナプキンは「sanitary towel」や「pad」、タンポンはそのまま「tampon」、生理用品は「sanitary items」です。
スーパーやドラッグストアで買う時も、日本のように目隠し包装はしてくれないので、注意してください!
むき出しで持ちたくなければ、バッグの容量を確認してからお買い物に出かけてくださいね。



The following two tabs change content below.

ふみむら

現在、夫と2人の子供と一緒に、イギリス南西部のデヴォン州に滞在しています。紅茶とミステリーと歴史が好きなので、街を歩いていると古代遺跡の城壁などが無造作に現れる州都エクセターがすっかり気に入ってしまいました。 東京に戻った際、再び満員電車に適応できるかどうかを気にしつつ、家族4人で楽しく過ごしています。

関連記事

  1. これであなたも英国紳士!?イギリスのジョーク集 その1

  2. おいしい英国レシピ No.30 Cumberland rum butter

  3. あなたの旅が楽しくなる とっておきのイギリスの味Vol.1 イングリッシュ・ブレックファスト

  4. イギリスの小学校のお友達との遊び方

  5. イギリスのお肉(その1)

  6. 結婚はイギリスでする? 日本でする?

  7. イギリスの大学院で勉強するってこういうこと-2

  8. ロンドンのエリアごとの特徴まとめ

  9. イギリスのスーパーで売られている野菜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP