イギリスで一番幸福な町、ハロゲート

日本でハロゲートという名前を聞いたことがあるという人の方が少ないと思います。
ハロゲートはイギリスの北ヨークシャー地方にある町。
ロンドンからはキングス・クロス駅から特急電車が出ていて近辺の都市リーズ駅もしくはヨーク駅で下車。
ここまでが約2時間くらい。
そこからローカル線に乗り継ぎをして30分くらいでハロゲート駅に到着します。

日帰りでロンドンに戻る事も可能ですが、かなり過酷な日程になるのでやはり宿泊がオススメです。

ハロゲートってどんな町?

ハロゲートに何があるかといったら、綺麗な街並みです。
ハロゲートは実はイギリスで一番幸福な町というランキングで1番にもなった事がある町です
2013年には1位に!

それからはずっと上位に名前があがっています。

写真1
出典:http://www.dailymail.co.uk/news/article-2299640/The-happiest-place-Britain-Harrogate-Residents-North-Yorkshire-town-satisfied-live.html

ハロゲートの4つの魅力

1.老舗のティールーム、ベティーズ(https://www.bettys.co.uk)
観光客の中でまずここに来なきゃハロゲートに来た意味がないというくらい大人気なティールームです
ハロゲートには2店舗あり、一つは町の中。もう一つはハロゲート郊外にあるRHSガーデン、ハーロウーカーに隣接しているところです。
町の中にあるティールームは毎度、長蛇の列。
それでも、ウェイトレスさんのユニフォームが昔のメイドさんみたいで、紅茶をオーダーするにもちゃんとしたシルバー食器で運んできてるところです。

写真2
優雅なティータイムを過ごせる事間違いなし!
地元の人は実はあまり行かない場所ではあります。
あまりにも混んでいる場所でもあるし、お値段もそれなりにするので。
ティールームなので基本的に予約はできません

でもオススメするのは郊外にあるティールーム。
タウンからは離れているんですが、比較的並ばなくても入れる場所なので、日本から来た家族や友人を連れて行ったりするときに利用しています。
カフェの隣にショップもあるので、商品を購入する事ができます。
お土産にとても最適な商品がたくさん揃っていますよ。

2.作家アガサ・クリスティーに所縁あるホテル、オールドスワンホテル(https://www.classiclodges.co.uk/our-hotels/the-old-swan/)

写真3

ミステリー作家で有名なアガサ・クリスティーが失踪して、ハロゲートにあるオールドスワンホテルに泊まっていたというもの。実話です。
アガサ・クリスティーのファンならハロゲートっていう町は有名なんだそうです
ホテルの建物も敷地も手入れが行き届いてて素晴らしいホテルです。
アガサ・クリスティーにちなんで、殺人事件ミステリーのイベントが今でも行われているそうです
推理小説などが好きな方は参加してみてはいかがですか?

The following two tabs change content below.
メディ
ブログ「メディのイギリス暮らし」は2005年からはじまりました。

主な登場人物は

メディ:料理、インテリアが大好き。最近は美容にも力を入れてて、ビーガンコスメを愛用中。

ダン:和食大好きイギリス人。自他共に認めるゲームオタク。最近マーシャルアーツ(武道)をはじめました。

ハナ:ゲーム、コスメ、YouTube大好き。ユナとデュオでYouTubeチャンネルも実はやってます。(まだ3個しかアップされてませんが)

ユナ:ユニコーン、ハローキティーとマインクラフトが大好き。

テディー:ブチャイク顔なおじいちゃん犬。20018年1月現在、15歳。

クマ:ギニピッグ(日本語ではモルモット)ハナのペットで、推定6歳。こちらもおじいちゃんです。

家族4人と2匹で仲良く北ヨークシャー州にあるハロゲートという町で暮らしています。
ホームステイで、語学学校生も受け入れしています。
ページ:

1

2

関連記事

  1. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その2)

  2. おいしい英国レシピ No.42 Cumberland rum Nicky

  3. イギリスの美容院と日本の美容院の違い

  4. ヨークシャーにある謎の岩

  5. ドラキュラが来襲した町・Whitby

  6. あなたの旅が楽しくなる とっておきのイギリスの味Vol.2 クリームティー

  7. おいしい英国レシピ No.44 Teisen Lap

  8. 中世にタイムスリップ? サーク島へ行こう!(その1)

  9. クリスマスホームステイの流れ その1 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

  1. valentine
  2. animalrescuecentre
  3. ClintEastwood
  4. omiyage
PAGE TOP