注目の記事 PICK UP!

自然と建物を大切にするイギリス

ナショナルトラスト

ナショナルトラストという団体を聞いた事がありますか?
イギリスの由緒あるチャリティー団体であって、正式名所はNational Trust for Places of Historic Interest or Natural Beautyと呼ぶそうですが、ナショナルトラストと呼ばれています。

歴史的建築物や地域を保護する団体で歴史的には1895年にオクタヴィア・ヒル、ロバート・ハンター、ハードウィック・ローンズリー司祭の三者によって設立されたそうです。
そんな由緒ある団体に、日本でお馴染みのピーターラビットの著者、ビアトリクス・ポターが湖水地方の土地をナショナルトラストに託したり、ウィンストン・チャーチルが自分が住んでいた家を未来に託すためにナショナルトラストに寄付したそうです
もちろんこれらの場所などは保護するだけではなくて一般公開をしています。

写真1.1
出典:Malham Tarn Estate (http://www.nationaltrust.org.uk/malham-tarn-estate)

実は色々な所で目にしてる!

映画やドラマの撮影現場としても使われていたりするそうです
ざっと見た中でも、シンデレラ、ハリーポッター、イントゥー・ザ・ウッズ、レ・ミゼラブルなどなど!撮影場所一覧で、あのシーンに出てきてる場所や建物に実際に訪れる事ができます。

確かに、ナショナルトラストの管轄の所は建物、お屋敷、ガーデン、公園と様々です。
しかも昔ながらの建物、風景を守り続けていたりするので撮影に適してるんでしょうね。

世界遺産にも

世界遺産にも登録されている場所があります

私が住んでいるところから車で30分もしない場所に、ファウンテンズ・アビーがあります。
そこは1113年代に13人の修道士が移り住んだ事から始まり、400年もの発展を遂げたという場所です今でもその修道院跡には目でみて、触れたりもできます
時は変わり、その修道院跡の近くに18世紀にできたスタッドリー王立ウォーターガーデンと共に1986年にユネスコの世界遺産に登録されました。
修道院自体はイングリッシュ・ヘリテッジが今では管轄してるそうですが、敷地に入る際にはナショナルトラストの入場料が適用されます。
素晴らしい景色に出会え、しかも自然が沢山。
行く度にリフレッシュできる場所です。

写真2.1
出典:Fountains Abbey and Studley Royal water Garden
(http://www.nationaltrust.org.uk/fountains-abbey-and-studley-royal-water-garden)

会員特権

メンバーになると年会費を払えば、ナショナルトラストの入場料が免除になります
イギリスでは500箇所ものナショナルトラスト場所があるんだそうです!!!

地図を見ると本当に全国的にナショナルトラストがあります(スコットランドを除く)。

やはりよく行く場所は家から近いところですが、湖水地方へキャンプ旅行をした際にもナショナルトラストの場所を調べてお城へ行ったり、違う地域へ行ったついでに行ってみたりもあります。
今年の夏も他の地域にあるナショナルトラストへ行ってみようとも計画しています。

写真3.1
メンバーになるとガイドブック、バードウォッチング用の双眼鏡、年に3回発行の雑誌、定期的な新聞、お知らせが家に届きます。
その定期的なお知らせで夏休みやハーフタームの休暇中のイベントの告知などもあります。
子供も一緒になって楽しめるようなイベントが開催されていたりします

写真4.1
これは昨年の夏休みにファウンテンズ・アビーへ子供たちと遊びに行った際にあったイベント。
植物オリエンテーションでした。
色々な植物の名前を、地図をヒントに敷地内に設置されてるところで植物の名前を記入していきます。
大人でもそうなんだーと思った植物の名前などありました。
子供たちにも楽しめるイベントで楽しく夏休みの1日を過ごす事ができました。

プレゼントとしても最適!

メンバーカードを自然やウォーキングが好きな人にのプレゼントとしても送ることができます
一昨年の義両親にクリスマスプレゼントとしてあげました。
メンバー会員と同じようにガイドブック、双眼鏡なども付きます。

普段は行く事も考えていなかった地域でも、メンバーだからと行ってみようと思ったという事で、義両親は昨年に小旅行でイギリス北部のナショナルトラスト巡りへ行ったりしていました。

会員になる前の裏技!?

ウェブサイトでは通常料金だったりしますが、実はナショナルトラストの場所へ直接行って会員の申し込みをすると数ヶ月分が免除になって会員費が割引にもなったりします

また、インテリア雑誌もしくは生活雑誌などでも折り込みで会員割引が入っていたりもするので、見つけたらそちらを使って申し込んだ方が安くなります。

チャリティーに貢献もでき、色んな場所への入場料、駐車料金が無料
イギリスへの長期、永住滞在の方で、もっと色んなイギリスを見てみたいという方にオススメです!

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



関連記事

  1. クリスマスホームステイの流れ その1 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  2. これからイギリスはホリデーシーズン

  3. 森の中での長期休暇のすすめ

  4. コラボシリーズ第一弾「ロザリー×旅工房」 トラベル・コンシェルジュが教える イギリスを楽しむために…

  5. イギリスでよそ様のお庭を自由に歩く方法(その2)

  6. 中世にタイムスリップ? サーク島へ行こう!(その1)

  7. チャリティショップでアンティークをゲット!!

  8. イギリス全国ダーツの旅(仮)第1回 ウナギと大聖堂の小さな町・Ely(イーリー)

  9. コラボシリーズ第二弾「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」 学校の研修旅行担当になったときに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP