イギリスの音楽に関するトリビアまとめ

イギリスと言えばビートルズ、ロックなど、音楽が魅力の一つです。

だけど、イギリスには興味があるけれど、音楽はまだちょっとよくわからない…。

そんな方に向けて、イギリスの音楽の世界について、現地で見聞きした、あなたもイギリス音楽に興味を持つ!そんなトピックをまとめてみましたので、ご紹介します。

イギリス人はアメリカンポップが大好きだった

1950年代~1960年代にかけて、実はイギリスではエルビス・プレスリーをはじめとしたアメリカンポップが大盛況でした

イギリスと言えばビートルズ!というほど、独自の音楽が盛況だったのではと思われるかもしれませんが、ビートルズ以前は、世界中がアメリカンポップスに夢中で、イギリスも例外ではありませんでした。

そんな流れを一気に覆したのがビートルズだったのです。
いかに彼らが飛びぬけた存在だったのかがわかりますね。

ビートルズ人気は海外から始まった

今でこそ、イギリス人も含め、世界中の人がビートルズを愛していますが、ビートルズの人気に火がついたのは、意外にも海外からでした
当時、まだまだ階級社会が根強かったイギリスでは、ポップスは労働者階級の聴くもの、という意識が強く、多くの人はビートルズに関心を向けていませんでした。

しかし、階級意識の薄い海外での多くの評価を見るにつけ、その商品価値に気付いたイギリス国内の人々は、ようやくビートルズを評価し始めたのでした。
この流れ、日本でもよくあるパターンですが、あのビートルズが!?と、意外な感じですね。

フランスへのあこがれが強いイギリス歌謡界

日本の歌でも、歌詞にちょっと英語を入れるとおしゃれ、みたいな流れがずっとありますが、御多分にもれずイギリスでもその傾向は同じのようです。
ただしイギリスの場合は、フランス語をちょっと入れるのがポイント
たとえばビートルズの名曲「ミッシェル」にも、冒頭にフランス語の歌詞が入っていますね。

他にもイギリスの歌にどんなフランス語が入っているか、探してみるのもおもしろいですね!

懐メロ歌手の稼ぎ方は、イギリスでも同じ

往年のヒット歌手が、日本中をコンサートで回る姿は日本だけのものではありません。
イギリスでも同様で、ディープパープル、イエスなど、現役世代がよだれをたらすようなアーティストも、懐メロコンサートで稼いでいるのです
チケットもインターネットで入手できるので、イギリスに行く機会がある人は、話のネタに一度行ってみることをおすすめします!

いかがでしたか?

イギリスの音楽の世界も、意外と日本と通じるところもあって、親近感がわいたのではないでしょうか。

これを機に、イギリスの音楽の聖地めぐりなどをしてみると、より深くイギリスを知ることができるかもしれませんね。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Rosalie

Rosalie

ロンドンからハロゲートまで、イギリス全土のブロガーの生活情報が一度に読める、英国専門webメディア!

関連記事

  1. イギリスの学校に留学しようと思ったら(ロザリーまとめ)

  2. イギリス全国ダーツの旅(仮)第1回 ウナギと大聖堂の小さな町・Ely(イーリー)

  3. ロンドンのエリアごとの特徴まとめ

  4. イギリスで出前とってみた!おすすめサイト付き デリバリー大国イギリスまとめ情報!

  5. イギリスで国際結婚をする方法

  6. 秋篠宮佳子さまがご留学されるリーズという都市

  7. イギリスのペット事情

  8. ロザリー新春 | 読者プレゼントキャンペーン(締切1/15まで)

  9. イギリス全国ダーツの旅(仮)第5回 歴史と最先端が濃縮された町Methven(メスベン)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

  1. valentine
  2. animalrescuecentre
  3. ClintEastwood
  4. omiyage
PAGE TOP