注目の記事 PICK UP!

ロンドンの小学校事情まとめ(その2) 小学校の私立・公立の違い

その1のつづき

前回は、公立小学校のあれこれについてまとめてみましたが、今回は、公立・私立小学校の違いについてです。

私立・公立の違いは思いのほか多く、違いをよく理解して選びましょう。

私立は保健室がない!?

全ての学校がそうであるかは分かりませんが、私立では保健室がない学校もあります。
保険の先生がいないのです
また、子供が下痢をすると、24時間登校してはいけない、というところもあります。

各種健診は公立だけ!

日本の学校であれば当然のようにやってもらえる予防接種や聴力・視力検査等の健診ですが、なんとイギリスでは公立のみが実施してくれます。
先程の保険の先生が不在、ということもあるのでしょうが、私立に通う場合は、予防接種や健診は、各家庭で個別に受けさせることになります。
そのため、かかりつけ医にかかろうとして、かなり時間がかかることがありますのでご注意を!

私立の方が、学期が数週間短い!?

公立の場合は、カリキュラムが消化できていないと、プラスで授業を行いますが、私立はそのようなことはありません。
そのため、子供をどこかに連れてお出かけする場合は、公立校との期間のズレを利用すると、少しすいていたりする…かも?

私立はOfstedを重視しない

Ofstedとは、イギリスの公的な教育検査機関のことで、各学校がどのように運営されているのかを、良い、悪いと審査し、レポートを作成します。
Ofsted-logo-gov.uk
その中で、どういう教育方針なのか、カリキュラムを守っているか、校内の清潔さ、教師と生徒の割合など、その学校の細かい情報が分かるようになっているのです
また、保護者からの審査項目のリクエストもできるのです。
もっともよい評価は、「Outstanding=とてもよい」と表記されます。

保護者は学校を選ぶ際に、このOfstedのレポートを見ながら決めていくのですが、当然Outstandingと評価された学校は人気が高く、長いウェイティングリストが作成されることになりますので、学年の開始時期でなければ、Outstandingの学校への転入は難しいと思われます
しかし、私立校の場合は、なにか個別の強みを持っている場合が多いので、そのような総合的な評価はあまり重視していません。

いかがでしたか?

学校を選ぶ際は、総合的でケアもあつい公立か、なにか特別なことを学ばせたいので私立なのかをよく考えて、子供に最適な環境を用意してあげたいですね。

関連記事

  1. 日本とイギリスのクリスマスの違い

  2. イギリスEU離脱「Brexit」特集一覧

  3. イギリスの美容院と日本の美容院の違い

  4. イギリスのキッズ誕生日パーティー

  5. イギリスの年越し

  6. イギリスでお家の売買の話

  7. 歯の妖精、トゥースフェアリー

  8. おいしい英国レシピ No.40 Apple crumble

  9. イギリスでの医療に関して(No2) イギリスの有料病院、治療について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP