注目の記事 PICK UP!

森の中での長期休暇のすすめ

バカンスシーズン真っただ中で、イギリスでのバカンスの過ごし方に関心のある方も多いと思います。

そこで今回は、イギリスでの長期休暇の過ごし方で、おすすめのプランをご紹介します。

センターパークス

イギリス国内で楽しめる森林宿泊施設を紹介します。
センターパークスといって、イギリス国内に5箇所あります。
週末を利用したショート滞在から平日の滞在、1週間の滞在。
クリスマスや年末年始のスペシャル時期などの滞在が選べます。
1年中滞在可能ですが、子供達の学校のお休み時期は値段が跳ね上がります。

001

北は湖水地方近くにあるWhinfell Forest、南はLongleat Forest
真ん中にあるSherwood Forest
ロンドン近くに位置するWoburn Forest
そしてElveden Forestが東側にあります。

どこの施設の名前を見てフォーレスト、森がついていますよね?
そうなんです。これらの施設は森の中に施設が作られているんです。
その森の中に宿泊できる施設があるだけではなくて、アウトドアができる湖、インドアプール、色々なアクティビティーが可能
施設内は車は滞在中はパーキングエリアに駐車しているので、施設内の移動は徒歩ないし、自転車。
自転車を持っている人は車に積んで持ってきていますが、レンタルサイクルもあるので滞在中自転車を借りることが可能です。
なにしろ最大400エーカーという広大な森の中に滞在するので、自転車があると移動が楽です。
滞在中は施設の管理の人の車が少しだけ徐行運転してる以外は走行していないので、子供達も安心して自転車に乗ることができます

002

でも、森の中にあるだけあっていろんな動物も住んでいます。
毎朝、アヒルの親子がやってきたり、リスが間近でみれたり、うさぎも横切ったり。
森の中で生活しているかのようです

003

設備も充実、滞在中は自分のペースで

ここではのんびり過ごすこともできるし、活動的に過ごすこともできるのが魅力です。
自分たちのペースで滞在を楽しめるのが醍醐味ですね。
宿泊施設にはキッチンも付いてるので自炊も可能。
でも、自炊しなくてもレストランも完備されてるので、外食も可能
自炊するにあたって、スーパーマーケットもあるのでそこで食料を調達できるし、キッチンにも必要最低限の道具がついてるし、オーブンもケトルも付いています。

自分たちで必要だなと思ったものは持っていけばいいし、持っていかなくてもいい。
その辺は自由です。
一番最初に利用したときは、どういうものがあるかとかわからなかったので、色々(食料から調理器具まで)持って行ったのですが、施設には色々揃ってるし、スーパーでも買えるのでそんなに持っていかなくても大丈夫なんだと思いました。
また、人数によって宿泊施設が選べます。
我が家は2ベッドルームのモダンなロッジを選びましたが、大人数だとツリーハウスなんていうのもあったりするんですよ!

004

アクティビティーも豊富

センターパークスは、老若男女楽しめるアクティビティーが豊富です。
これらのアクティビティーは有料で、予約の際にアクティビティーを追加できるようになっています。
また、当日に空きがあれば受付で予約もできるようになっています。
我が家はおおまかにアクティビティーを予約しておいて滞在中はそれらの予定をこなすようにしてます。
その方がアクティビティーに集中できる気がするから。

でも、今回の滞在で勘違いした場所でテニスコートを予約してしまい、あやうくその時間を無駄いにしてしまうところでしたが、スタッフの方の心遣いでその時間を移行できることになって、変更しました。
大人にはスパも完備されています。
子供を預ける施設があるし、また子供がアクティビティー中にスパの利用も可です
色々な部屋が用意されてて、リラックスできます。

子供の成長に合わせて、何度でも楽しめる

我が家ではこの施設を利用したのは今回で3回目。
初めはお友達夫婦と子連れで宿泊。部屋数も色々あるのでこうやってお友達とシェアすることができ、しかも宿泊代は半額で!
その当時はまだ下の子たちがバギーに入ってる年齢で、上の子たちがソフトテニスをしたりしました。
2回目は、日本にはない休暇の過ごし方だと思ったので、私の両親を連れてきました。
父はここでクレイシューティングを体験。
猟銃で、初めて飛んできたものを撃つことをしました。
森林の中でのんびり、でも毎日アクティビティーをしながらの毎日で大変喜んでくれました。

005

3回目は家族だけで。
子供も成長していて、以前出来なかったアクティビティーが今の年齢になったらできるようになっているから、子供達はコッドバイクを体験しました。
4輪のバイクで、エンジンで馬力があるバイクです。
自分でスピードや方向を操作するので、最後はインストラクターが後ろについてコースを何周か周りました。
また、親子でアーチェリーも楽しみました。
その他にもバトミントン、テニス、インドアプール、アクアジェットなどなど。毎日アクティビティー漬けで楽しかったです。

006

スポーツだけではなくて、下の子はチョコレートメーキングをしたり、陶器の絵付けもしたりできます
滞在の思い出に一人一つずつ絵付けをしてきました。

日頃なかなかできないスポーツやアクティビティー、休暇中に毎日思いっきりできるので良い意味で現実逃避ができます。

みなさんもぜひ、体験してみてください!

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 日本からイギリスに送金する方法

  2. 秋篠宮佳子さまがご留学されるリーズという都市

  3. 中世へタイムスリップ? サーク島へ行こう!(その2)

  4. イギリスでよそ様のお庭を自由に歩く方法(その2)

  5. これからイギリスはホリデーシーズン

  6. クリスマスホームステイの流れ その1 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  7. ドラキュラが来襲した町・Whitby

  8. ハリー・ポッター・スタジオ(その2) ツアーに頼らない!個人での入場予約方法

  9. 長期滞在、駐在の方必見!電車の割引カード

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP