注目の記事 PICK UP!

イギリス式ゆるい運動会

夏休み前になりますが、子供達の小学校の運動会(こちらではスポーツデイと呼ばれています)が行われました。
日本では運動会の前から準備が進められ、1日かけての学校行事での大イベントの一つですよね?

そんな日本で育っている日本式の運動会を期待していくとかなり拍子抜けな運動会です。

2~3時間程度で実施

まず、スポーツデイといっても午後に2、3時間程度の行事です。1日なんてかかりません
種目も4、5種類。
グループは色分けになります。しかもクラスの中でも色分けにされていて、1クラスの中で4種類くらいの色分けなのです。

日本でおなじみのリレーもあれば、エッグスプーンレース(卵だけどじゃがいもだったりも、をスプーンに乗せて周る競技、ポテトサックレース(じゃがいもが入ってた大きな袋に自分が入ってジャンプして前に進むもの)、フットボールのドリブルレース、などなど。

001

個人得点はなし!

個人的に得点が入るということはないのです。
すべてグループで得点が入ります

自分がビリで走ってても、一番で走ってても同じ。
みんなで頑張ろうという意識を高めてるようです

しかも、一回だけではなくて時間ないに繰り返し繰り返し行われます。
一応点数制になっているようで、何点とグループごとに得点が入るようですが、ルールもゆるいので本当にその得点なのかも疑問
写真でも見るように白線すら引かれてません。

最後に校長先生からアナウンスでどの色が買ったかアナウンスがあります。
一応何点と加算されているけれど、でも、一生懸命に自分の色のグループを応援していたりするところを見ると可愛らしいなと思います。

002

種目ごとに移動するため席取り不要!

午後にちょこっと行われる行事。
親や祖父母など見に行けますが、席取りする必要なし!
各レースは固定されてて、種目が終われば次の種目へと移動するため、その度に見学者も周ることになります。
当然子供たちの写真も苦労することなく撮れます。
日本だと1日がかりのイベントなので親がお弁当を作ったりして盛り上がったりしますが、そういうこともなし。

003

終わったらアイスがもらえて子供達は大喜び。

かなりゆるいイギリスのスポーツデイです。

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし

関連記事

  1. イギリスの道路

  2. イギリス大学院での生活—キャンパス紹介1—

  3. 銀行の夫婦口座「ジョイント・アカウント」ってなに?

  4. イギリスの大学院で勉強するってこういうこと-2

  5. 「階級社会イギリス」の意外な真相

  6. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 5

  7. イギリスの住宅物件事情

  8. あなたが知らない英国留学の意外なメリット

  9. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ソーシャル

最近の記事

PAGE TOP