注目の記事 PICK UP!

コラボシリーズ第一弾「ロザリー×旅工房」 トラベル・コンシェルジュが教える イギリスを楽しむために知っておきたい3つのこと

%e6%97%85%e5%b7%a5%e6%88%bf%e6%a7%98%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%9c%e7%94%a8%e6%96%b0%e3%83%ad%e3%82%b401-pd

こんにちは!旅行会社旅工房イギリス担当トラベル・コンシェルジュの手塚です。

みなさん、イギリス旅行をしようと思った時、何をしにいきたいと思いますか?
ストーンヘンジ、コッツウォルズ、湖水地方、アフタヌーンティー…。
やりたいことはいろいろあると思いますが、言葉や時間など、みなさん色々な制限がある中だと思います。

そこで今回は、海外旅行のプロであるトラベル・コンシェルジュが、イギリス旅行を企画する前に知っておくとより楽しめるポイントをお伝えします!

その1:湖水地方へはエディンバラからの出発がおすすめ!

湖水地方といえば、イギリス旅行で行きたい場所上位にくる人気スポットですが、何とか週末+αを使って3泊5日でで…という方はご用心!
湖水地方はイギリスのだいたい真ん中に位置しており、ロンドンからウィンダミアへは鉄道でおよそ3~4時間かかります。
そのため、ロンドンから湖水地方を回るコースを3泊5日で行こうとすると、かなりの弾丸ツアーになるのでご注意を

そこでおすすめしたいのが、スコットランドのエディンバラを出発点にするコース

湖水地方はエディンバラとロンドンの間にあるので、エディンバラから湖水地方を通り、ロンドンへ向かうと無駄なく移動ができ4泊6日から楽しめます
日本からはエディンバラへの直行便はありませんが、KLMオランダ航空、ブリティッシュエアウェイズなどのヨーロッパ系の航空会社なら、乗り換え便でエディンバラ行きがありますので、参考にしてみてください

その2:エディンバラはイギリス的なものが凝縮されている

イギリス的な都市といえば、みなさん誰もがロンドンを思い浮かべると思いますが、ロンドンは世界でも有数の国際都市。
街を歩くと、聞こえてくる言葉の半分以上が英語以外、ということもあるのです。
もちろん住んでいる人も多種多様で、本当の意味で伝統的なイギリス生活を見たいと思うと、郊外の住宅地に行かなければならないのが実情です。

そこでみなさんにおすすめしたいのが、スコットランドの首都・エディンバラです
あまり知られていませんが、エディンバラは大都市でありながら街中で観られるバクパイプの演奏やタータンチェックなど、みなさんが想像するイギリス的なものもが多いのです
EDI 旧市街
都市自体も、その気になれば1日でまわれるほどのコンパクトさですので、時間はあまりないけどイギリス文化を堪能したい!という方は、あえてロンドンではなく、エディンバラを楽しんでみるのもおすすめですよ。
EDI ロイヤル・マイル2

その3:電車を使わずに半日でまわれるロンドン名所ルート

ロンドンは見どころが多く、時間のない中でどこを回ろうか、しかも、どこを回ればロンドンをおさえた!と言えるのかもわからないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、なんと徒歩でロンドンの名所を半日で回れてしまうというコース。

それが、ビッグベン→ウエストミンスター寺院→トラファルガー広場→バッキンガム宮殿というルートです。
LON ビッグベン1
ロンドンは広く、地下鉄を使わないといろいろまわれないのでは、と思われるかもしれません。
しかし、これらはどれも有名な観光地ですが、実は歩いていける距離に集中しているのです。

トラファルガー広場は、イベントが日によって行われていますが、なにもない時はナショナルギャラリーをのぞいてみる事もできます。

ウエストミンスター寺院、バッキンガム宮殿と、イギリス王室ゆかりの場所も、イギリスに行くのであればぜひ訪れたいところですね。
ウエストミンスター寺院は、入場料(20ポンド)を払えば、歴代の王室のお墓と、キャサリン妃が結婚式を挙げた教会を観覧することができます。
ちなみに一通りまわってお昼になったら、近くのカフェでサンドイッチを買って、公園で食べるのがおすすめです
えっ!と思われるかもしれませんが、イギリスの一般的なランチは、サンドイッチとフルーツ、というような、シンプルなものがほとんどです。
公園内のカフェやプレタ・マンジェ、コスタコーヒーなどどこにでもあって探しやすい街中のカフェがおすすめです。
テムズ川+ロンドンアイ

いかがでしたか?
これからイギリス旅行に行きたい!という方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

旅工房では、自分だけのこだわりの旅行がしたい!という方のために、ハワイ担当やバリ島担当など方面ごとに、それぞれの地域のプロである「トラベル・コンシェルジュ」が、飛行機の時間変更やホテルのアレンジなどあなたの希望を形にするお手伝いをしています。

イギリスについても、今回ご紹介できなかったおすすめスポットやお役立ち情報が盛りだくさんですので、ぜひ一度、私たち旅工房にご相談ください!

<旅工房URL>
http://www.tabikobo.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
Rosalie

Rosalie

ロンドンからハロゲートまで、イギリス全土のブロガーの生活情報が一度に読める、英国専門webメディア!

関連記事

  1. 女子必見! 実例で学ぶロイヤルファミリーに嫁入りする3つのヒケツ

  2. クリスマスホリディホームステイに行こう!「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  3. イギリスのスーパーで売られている野菜

  4. イギリスの学校に留学しようと思ったら(ロザリーまとめ)

  5. 中世へタイムスリップ? サーク島へ行こう!(その2)

  6. オフピーク中の週末コテージのすすめ

  7. イギリスでの新しいお金と注意点

  8. これで貴方も上流階級の仲間入り!?アフタヌーンティーのエチケットについて学ぼう!

  9. イギリスでよそ様のお庭を自由に歩く方法(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP