注目の記事 PICK UP!

イギリスのパーティー事情

アメリカでかなり盛大なパーティーが行われるという事を度々聞いたりしますが、イギリスでもパーティー習慣は子供時代からはじまり、大人になってもいろんなパーティーがあったりします。

日本ではあまり聞かないようなパーティーをイギリスではしたりするので、紹介します。

【関連記事】イギリスのキッズ誕生日パーティー

様々なパーティーの種類

盛大に行われるものから少人数でディナーパーティーなど色々な機会があり、ようはみんなで集まって楽しく過ごすというのが最大の目的です。
小学校でもバレンタインにディスコパーティーがあったりもするんです!
まだ小さいながらも髪型や着ていく洋服を気にしたりなど本当に大人顔負けだったりします。
学校関係だったら卒業式の代わりにプロムというフォーマルな集まりがあったりします。
まだ我が娘たちはその年齢になっていないので経験していませんが、よくアメリカ映画で観るような女の子が着飾って男の子もタキシードなどを着て出席したりするようです。
仕事関係だったらクリスマス会(主にChristmas Doと呼ばれています)、誰かの送別会(Leaving Do)などがあります。
個人的なものでは、友人を招いてのディナーパーティー、誕生会、パーティー好きなら行事ごとにハロウィンパーティーや夏場にはBBQ パーティーなども。

ちょっと変わったパーティーも

また、新居に引っ越してきたら House Warming Party(と言って部屋を暖めるというと直訳的になってしまいますが)、友人を招いてお家を紹介したりという事もあります。
また、愛国心で女王が即位して何年と祝ったり、のちの国王となるウィリアム王子とキャサリン王妃の婚礼式にはストリートパーティー(本当に道にテーブルを置いてパーティーをします!)が各地で開催されて、二人の結婚を祝ったりしました。
パーティーごとにフォーマルな形だったりカジュアルだったりとあります。
フォーマルな形ではドレスコードがありそれこそセレブリティーが着るようなドレス、タキシードをまとう人もいます。
また、仮装パーティー(Fancy Dress Party)などもあったりします。

001

招待状にどういったパーティーなのか書かれていたりしますが、もしわからなければ主催者に聞いて確認すると確実です

イギリスでは誕生会は子供だけのものじゃない!

イギリスでは子供の誕生会に力を入れたりしますが、実は子供の年齢だけじゃない年齢までも盛大にあげる事があります。
それはビッグナンバーと呼ばれるもの。

18歳で成人パーティー

1969年からイギリスでは成人年齢を21歳から18歳に引き下げられたそうです。
なので18歳は法律的に成人にあたる年齢です。
昔は鍵が渡され、あなたは成人になったのだから家の出入りがいつでも自由という事を意味したそうです
18歳になればお酒も飲めるという事で、若い子がパブやバーに行ってお祝いしたりします。
30歳、40歳、50歳、60歳、70歳・・・・という切りがいい年齢もビッグナンバー。

002

自分の誕生日を自分で主催して盛大にお祝いをするという事もあります。
以前に、40歳、50歳の誕生会に呼ばれた事があります。

グリーティングカードは未だに健在

ネットが普及されている中、未だにイギリスではグリーティングカードが多く売られています

003

パーティーの招待状から、誕生日カード、パーティーに出席してくれた方のためのサンキューカードなどなどもあります。
招待状の一部を紹介します。
招待状でよく最後にRSVPと書かれています。
それはなぜかRepondez s’il vous plaitのフランス語略なんだそうでが、その招待で出席するか欠席するかを主催者に伝える事が必要だったりします
このRSVPは書き方が様々で、
RSVP by 15th September …9月15日までに返信
RSVP ASAP …As Soon As Possibleの意味でなるべく早くに
RSVP 名前 携帯番号もしくはメールアドレス …いつまでとは書かれてないけれど、誰宛に携帯のテキストもしくは電話、E-mailで
RSVP 住所 …フォーマルな結婚式などで返信用のものが一緒に送られているはずなのでそれを郵送で

カジュアルな場合ほど携帯のテキストで済むと思いますし、本当にカジュアルなディナーパーティーなら口約束だけの事もあります。

でも一定の人数を集める際には招待状があると管理が便利だったりもします
これからパーティーを主催する方も呼ばれた方も楽しんでパーティーに参加できるといいですね。

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



関連記事

  1. これが「算数」!? 不思議なイギリスの算数教育事情(その2)

  2. ロンドンの男性はみんなイクメン!? ロンドン子育て事情

  3. ミュージカルの楽しみ方とマナー

  4. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その2)

  5. ASDA(アスダ 大手スーパー)パトロール① 〜生活編〜

  6. ロンドンの小学校事情まとめ(その1)

  7. アメリカ英語とイギリス英語が思っていたよりも違って面白い!(その1)

  8. イギリスのスーパーマーケット、オンラインショッピングのすすめ

  9. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 1 物語の始まり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP