注目の記事 PICK UP!

スコットランドと夏目漱石の意外な関係

スコットランドはイギリスの北部に位置します。

スコットランドは主権国家ではないのですが、独自の自治権があったり、紙幣があったり、家の売買の際の法律がイギリスと違ったりします。
紙幣に関してはイギリスとスコットランドの紙幣はお互いに使用可能です。

001

療養のためスコットランドへ

スコットランドと聞いて、夏目漱石を思い浮かべる人は少ないと思います。
でもスコットランドで夏目漱石は貴重な時間を過ごしたそうです

というのも、小説家になる前にロンドンに3年ほど留学していた夏目漱石は日本と英国の違いからか精神的にダメージがあり、鬱っぽく部屋にこもりがちになったとの事です。
そんな彼を見かねた友人がスコットランドの別荘に招待して数週間スコットランドに滞在したそうです。
1903年の時だそうです。

漱石ゆかりの地は今も続く自然あふれる避暑地

その滞在ではピットロッホリーというエジンバラから車で2時間弱のところにあるハイランド地方の南部に位置する町です。
ピットロッホリーは今でも避暑地のような町で休暇で訪れる人が多い町だそうです
ゆっくりするにはとてもいい町です。

近代化のロンドンからスコットランドへ訪れた夏目漱石。ピットロッホリーの自然に癒された事でしょう。

002

現在はホテルとなった友人の別荘

夏目漱石の友人の別荘は今ではホテルに改装されて営業されています。

003

そのホテルのロビーにちょっとした日本コーナーがあり、夏目漱石の事が記されています。
また、日本円の千円札も飾られていました

004

夏目漱石も癒されたこのピットロッホリーの地。
2つのウイスキーの蒸留所があり、ダムと川があり今でも自然がたくさんあるところでした。

日本人の著名人に所縁あるスコットランド。
旅行の際には是非行ってみてください。

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



関連記事

  1. イギリスの小学校のお友達との遊び方

  2. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その2)

  3. 乗り越しがないイギリスの鉄道にご用心

  4. イギリスで病気になったら

  5. イギリスの大きな駅の利用ポイント!

  6. おいしい英国レシピ No.50 Fat Rascals

  7. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 24話 さあ、南アフリカへ…

  8. オフピーク中の週末コテージのすすめ

  9. 英語が苦手な人でもできる、ロンドン周辺ウォーキング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP