注目の記事 PICK UP!

アノニマスのモデルが由来のGuy Fawkes Day(11月5日)

アノニマスですっかりお馴染みになっている奇妙な仮面をご存じですか。

血の気の無い真っ白い顔にひげを生やし不気味に微笑んでいる仮面、実はそれは“ガイフォークス”を象った仮面なのです

ということで、イギリスではハロウィンよりもしかしたらガイフォークデイの方が盛り上がっているのでは?という私の勝手な憶測から、ガイフォークデイについて少しお話ししたいと思います。

議会爆発未遂犯の一人

そもそもガイフォークスって?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
世界史に精通している方でしたらご存じかもしれませんが、簡潔に言うと、1605年11月5日に議会に爆薬を仕掛けジェームズ1世を暗殺しようとした事件、いわゆる「火薬陰謀事件」に関わっていた人物の一人がガイフォークスになります
その事件は未遂に終わり、ジェームズ1世の無事を祈り、翌年1606年から11月5日は、ガイフォークスの名を取り、ガイフォークスデイとして花火を打ち上げられるのがイギリスの恒例の行事になっています。

000

事件の背後にある宗教の気配

それでは、なぜガイフォークスはジェームズ1世を暗殺しようとしたのか理由を探ってみると、どうやら宗教と深いつながりがあるので、イギリスの宗教の変遷に焦点を当てながら話を進めようと思います

イギリス」「宗教」この二つの言葉で頭をよぎるのは、きっと「ヘンリー8世」なのではないでしょうか。
そこで、少し遡ってヘンリー8世(在位1509-1547)から始めたいと思います。

ヘンリー8世によるイングランド教会成立

ヘンリー8世には、キャサリンという王妃がいましたが王位継承となる男子に恵まれなかった上、アン・ブーリンにすっかり魅了されてしまい(「ブーリン家の姉妹」という映画の中では。真実はいかに…)、ローマ・カトリック教会にキャサリン王妃との婚姻の無効を訴えましたが、教皇パウルス3世に却下、破門されたため、ヘンリー8世は宗教改革を行い、1534年に宗教改革議会はイングランド国王をイングランド教会唯一の首長と宣言する「国王至上法」を定め、“イングランド教会”が成立しました
反カトリックではありますが、儀式などはカトリックの面が残っていたそうです。

プロテスタントの台頭

ヘンリー8世は生涯6度の結婚をしましたが、男子の後継者はヘンリー8世の晩年に生まれたエドワード6世(在位1547-1553)のみ。
ヘンリー8世の後継者となったエドワード6世は幼かったため、実質的に政治を担ったのはプロテスタント信仰心の強い伯父のサマセット公で、礼拝統一法などを定めカトリック的な要素を否定しました。

カトリック弾圧

エドワード6世が早世すると、ヘンリー8世と最初の王妃キャサリンとの娘、メアリー(在位1547-1567)が初の女王として王位につき、ブラッディメアリーと呼ばれるほどプロテスタントの人たちを弾圧しカトリック色を強めたそうです。

ページ:

1

2

関連記事

  1. イギリスの祝日

  2. イギリスの年越し

  3. EU国民投票をめぐって、雑感その2

  4. イギリスのお客様窓口・コールセンター事情

  5. これで貴方も上流階級の仲間入り!?アフタヌーンティーのエチケットについて学ぼう!

  6. ロザリー新春 | 読者プレゼントキャンペーン(締切1/15まで)

  7. イギリスの大学院で勉強するってこういうこと-2

  8. ロンドンで日本の食材が手に入る場所まとめ

  9. 日本とイギリスのクリスマスの違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP