注目の記事 PICK UP!

日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 2

その日はなるべく全員とたくさん話をしようと私はがんばった。

当時の英語は拙くて、なかなか思うようにおしゃべりができなかったが、友達作りキャンペーン実施中だった私は必死だった
私はニックとキリマンジャロの話で盛り上がった。
健脚ニックがキリマンジャロ経験者だったからだ。

第1話はこちら

またマルコムとは天ぷらの話をした。
のちのちまでマルコムがジョークとして使っていた私との「出会いのエピソード」は、「Emmaに近づいたのは天ぷらの作り方を教わりたかったから」というもの。

来る客くる客にその『爆笑ギャグ』を披露されるのにはちょっとうんざりしたけれど。

1年に1回のタイミング

マルコムは、この会のウォークに参加するのは1年に1回程度だと言った。
なにせ、すごく大きな庭があるので、手入れするので手一杯なのだという。

そのとき私は「なんてホラ吹きな人だろう」と思った。

のちに付き合うようになって、その話は真実だ、ということがわかった
テニスコートも悠々とれる大きさの芝生の庭を、マルコムは確かに持っていた。

だから、マルコムがBox Hill に参加していたのは、本当に縁だとしか言いようがないことだったのだ

地球の反対側からやって来て、イギリスのウォーキングサークルに参加した私、そして1年に1回という頻度でウォークにやって来ていたマルコム。
偶然の偶然が私たちを出会わせたのだった。

その日、4人は無事駅でゴール、私はみんなと住所とメールアドレスを交換して電車に乗った。

最後の連絡

10月は私の誕生月。

でも異国にひとりでいるのだから、何も期待していなかった。
しかし、誕生日の少し前にカードが届いた。

なんと、マルコムからだった。
そのクセのある直筆を読むのは簡単ではなかったが、私は時間をかけて暗号をとくようにそれを読んだ。

誕生日おめでとう。僕はあなたに、2回メールを出しました。でも返事はなかった。もしいやでなかったら一緒にウォークに行きませんか?これが最後の連絡です。これで返事がなかったら、あきらめます

私は驚いた。

メールはスパムに入ってしまったのか、あるいは綴りが間違っていたのか、全然届いていなかった。
私はマルコムに電話をかけた。

カードをありがとう。もちろん一緒に歩きにいきたいです!

それが私とマルコムの、長い縁の始まりだったのである。

つづく

The following two tabs change content below.

Emma Rosemary Watson

2005年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ、Transnational Communication and Global Media修士課程終了。以降、ロンドンにて日英コンテンツの発信を行う。ロンドン在住中にイギリス人の夫と結婚、イギリス流のライフスタイルのなかで暮らす。現在、イギリス人の好むイギリスのカントリーサイドを歩くネイチャーウォークの楽しさを日本人にも知ってもらおうと活動中。

関連記事

  1. ホリデー中にペットを預ける方法

  2. あなたの旅が楽しくなる とっておきのイギリスの味Vol.2 クリームティー

  3. イギリス移住計画の落とし穴-ビザにご用心

  4. クリスマスホームステイの流れ その2 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  5. データでみるロンドン

  6. 地方都市で見つけたイギリス人の意外な素顔

  7. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 14

  8. イギリスでコンサートへ行ってみよう!

  9. イギリスのキッズ誕生日パーティー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ソーシャル

最近の記事

PAGE TOP