注目の記事 PICK UP!

イギリスの祝日

日本では毎月のように祝日がありますが、イギリスでは国民の祝日が実はものすごく少ないんです
日本のように何々の日というのも数が少ないです。

そこで、2017年の1年間でイギリスでどれだけ祝日があるか書き出してみたいと思います。

イースターは毎年日付が違うし、5月と8月にある祝日は月の初めの月曜日と最後の月曜日がバンクホリデーマンデーでお休みになるので毎年日にちは変わります。
一般的なお休みの日をBank Hoidayと言います。

イギリスの祝日は年間11日

1月1日 new year’s day
1月2日 new year Bank Holiday
2月 なし
3月 なし
4月14日 Good Friday
4月16日 Easter Sunday
4月17日 Easter Monday
5月1日 May Bank Holiday
5月29日 Spring Bank Holiday
6月 なし
7月 なし
8月7日 Summer Bank Holiday
8月28日 Summer Bank Holiday
9月 なし
10月 なし
11月 なし
12月25日 Christmas Day
12月26日 Boxing Day

 

 

 

 

 

 

と言うことで今年の祝日は全部で11日でした

日本の2017年の祝日を調べてみたら17日間でした。
6日もイギリスは祝日が少ないことになります。

祝日以外の記念日

祝日ではないけれど日本と同じように、母の日、父の日などもありますよ。
10月にはハロウィン、11月にはボンファイヤーナイトなどの行事もあります。
ちなみに、イギリスの母の日は日本の母の日とは異なる月でイギリスの母の日は3月にあります。
父の日は日本と同じ月にあります。

祝日に注意すべき点

これらの祝日でイギリス滞在中に注意してもらいたいのが、ショップオープニング時間、交通機関の時刻表などなどです。

祝日なので小さい個人経営のショップが空いていない、大型店は開いてるけれど祝日用の時間で夕方には閉まってしまうなんてこともあります
この日に移動しなければいけないのだけれど、電車の本数が少なくて乗り換えにすごい時間がかかってしまう、もしくは電車がない・・・・となったりするかもしれません。
イギリスへ出勤、観光で来る際には限られた日数で滞在すると思うので、イギリスの少ない祝日だけれど注意しておいた方がいいかもしれませんね

でも、20年前は日曜日もバンクホリデーもお店が本当に閉まってしまうので、街がゴーストタウンのようになっていました。
今現在は少し状況が代わり、お店が開くようになってきています。

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



関連記事

  1. イギリスの大きな駅の利用ポイント!

  2. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 3 イギリスデートと言葉の…

  3. イギリスのペット事情

  4. イギリスで電車に乗るときに知っておくべき7つのポイント

  5. 外国人がイギリスで生活するために気をつけるべきこと

  6. 超実践 オイスターカードの使い方

  7. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 11 老紳士と老猫

  8. ロンドンの地下鉄に隠された秘密

  9. イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow To 5(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP