注目の記事 PICK UP!

日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 7 ビッグ・バースデー・パーティ

〜ビッグ・バースデー・パーティ〜

イギリスでは、年齢が大台に上がるときに盛大なパーティーを開く習慣がある
30歳、40歳、50歳などになるときだ。
マルコムから、特別な誕生日を祝うので、来て欲しいと招待があった

知り合って5ヵ月目に、マルコムの誕生日があった。
60歳になるのだ。
大台に乗るのだから、盛大に祝う節目の誕生日だ。

第1話はこちら

子供たちからの招待

場所は、ロンドン・ウォータルー駅そばに最近できた、XOタワーという豪華なタワービルの最上階にある展望レストラン。

招待主はマルコムのふたりの息子たちだった。
30歳の長男フィリップは精悍な感じの銀行員、3歳若い次男のファブリスは2メートルを超すのっぽで、保険会社に勤めているということだった。

彼らとウォータルー駅で待ち合わせて、最初はおしゃれなパブにでかけた。
木目を活かした内装の、カフェバーのようなパブ。
フィリップはそこで、高級シャンパンを惜しげもなくあけて私たちに振る舞った
ちょっとはにかむマルコムは冷静で、59歳だった昨日とまったく変わらなかったが、誰よりも息子たちに祝ってもらえることが嬉しそうだった。

映画の舞台のようなレストランへ

さて、いよいよXOタワーに向かう。
テムズ川の川岸に、ひときわ目立つそのタワーには、ネオンサインの赤文字でXOXOと記されていて、遠くからでもそれとわかる。
その最上階にある、映画でしかお目にかかったことのないような豪華なレストランに私たちは到着した

ウェイターたちがうやうやしく私たちを迎える。
「XOタワーにようこそ!」

そう微笑むウェイターたちも、その豪華なレストランに客を招くことが嬉しくてたまらない、という感じだった
もちろん、彼らのほとんどが東ヨーロッパから来た外国人だったが、流暢な英語を話した。

思わず見栄を張ってしまう

私たちは席に着き、アペリティフ(食前酒)、スターター(前菜)、メインディッシュ、デザートと注文していく。

どれがいい?と聞かれて、私は日本人根性でスターターを「遠慮」してしまった
食べたかったのに!
メインには魚料理を頼んだ。

私を除く3人がスターターに舌鼓を打っている間、私は高層ビルの最上階からのロンドンの夜景を楽しんだ。
遺跡や旧市街が多く残っているロンドンでは、新しい建造物に大きな規制がかかっている。
とくに街の景観を左右する高層ビルの建築許可を得るのは至難の業だと聞いたことがあった。

お上品な一皿

メインディッシュがゆっくりやってきた。

なんと、それは皿をキャンパスに見立てたような芸術的な一品だったが、メインの魚(鯛だったような気がする)は、寿司ネタもかくや、と思うサイズで上品に皿の真ん中でリーフレタス一片とチコリ1枚に囲まれて置かれ、数本のグリーンのソースがその上を横切っていた

「エンジョイ!」(楽しんで)

サーブしたウェイターが極上の笑顔で私にいった。
見た目は素敵だが、とてもおなかは満たされない。

スターターにスープでも頼んでおけばよかった、と後悔しながら、私はいくつもパンをお代わりしながら魚料理を食べた

甘いものを食べない私は、デザートをぱくつく3人のそばで、またロンドンの夜を眺めていた。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

Emma Rosemary Watson

2005年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ、
Transnational Communication and Global Media修士課程終了。
以降、ロンドンにて日英コンテンツの発信を行う。
ロンドン在住中にイギリス人の夫と結婚、
イギリス流のライフスタイルのなかで暮らす。
現在、イギリス人の好むイギリスのカントリーサイドを歩くネイチャーウォークの楽しさを日本人にも知ってもらおうと活動中。

関連記事

  1. クリスマスホームステイの流れ その1 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  2. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 12 夢見ていたイギリス社…

  3. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 6 笑い合えるイギリス中年…

  4. チャリティショップでアンティークをゲット!!

  5. イギリスで過ごす週末の午後

  6. ミュージカルの楽しみ方とマナー

  7. イギリス式ゆるい運動会

  8. おいしい英国レシピ No.30 Cumberland rum butter

  9. これが「算数」!? 不思議なイギリスの算数教育事情(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP