注目の記事 PICK UP!

日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 9

〜伝統的なイギリスの中産階級とは〜

ブレント・ウッドはロンドンのリバプール・ストリート駅から快速で30〜40分ほどのベッドタウンだ。
ロンドンを東京に例えると、ちょうど埼玉県的なステータス。
駅前の商店街もとくにぱっとしない街だった。
駅前の大通りに出ると、マルコムの黒いローバーがすっと寄ってきて私を拾ってくれた。

マルコムは、ペギーとマルコムに関する次のような話を車の中で語ってくれた。

第1話はこちら

イギリスの中産階級の家庭事情

「ペギーは私の父親の3人目の妻だ。
最初の妻、つまり私の母親・グラディスが亡くなってから、父親は2番目にいとこと再婚した。
その継母はシビルと言って、リサイタルをやるほどのピアニストだったんだ。

でも父親とは上手くいかなかった。
彼女のほうが能力があったからだと思う。
男は自分よりも優れた女性が妻であることを喜ばないからね。

2番目の母親は手術の失敗で、脳に空気がいかなくなって、廃人状態になってしまったんだ。
その後退院してきて、10年近く生きたけど、結局回復しないまま、介護され続けて亡くなった。

そんな状態だったから、私の居場所はなくて、ずっと寄宿舎に預けられていたよ。
8歳上の兄はもう大きかったし父の手伝いができたので、家から学校に通うことができたんだ。

17歳のときに学校を出てから私は下級官吏になったんだけど、自宅から通ったよ。
ずっと寄宿舎だったから、家族と暮らしたかったんだ。

その頃父親が3度目の結婚をした。
同じ教会に通っていたペギーを紹介されたんだ。
話はトントン拍子にすすんで、結婚が決まり、父親と私は、ペギーとペギーの母親が住む家に移り住んだ。
ペギーには弟と妹がいたけれど、いずれも結婚して家を出ていたので、広い家に母親とふたりで暮らしていたんだ」

これがざっとマルコムが語った、ワトソン家の概略である。

ワトソン家について

ちなみに、マルコムの父親・スティーブンは保険の調査員だったという。
保険をかけた人から保険金の請求があったときに、その請求が正当かどうかを調査する専門家で、マルコムの家にはお父さんがその「専門家であること」の証明書が額縁に入れて飾ってあった。

イギリスは日本と違い、階級社会だ。
中産階級に生まれる、というのは教養ある人生の出発点みたいなものだ

マルコムは3歳の時に母親を亡くし、そのため寄宿舎生活を余儀なくされて、大学進学ができなかったけれど、もしもしっかり母親に守られて育ったら、高等教育を受けていただろうと思う。
その証拠に、マルコムのお兄さん・ロジャーはロンドン大学の歯学部を出て、母校の教授になったほどの人だった。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

Emma Rosemary Watson

2005年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ、Transnational Communication and Global Media修士課程終了。以降、ロンドンにて日英コンテンツの発信を行う。ロンドン在住中にイギリス人の夫と結婚、イギリス流のライフスタイルのなかで暮らす。現在、イギリス人の好むイギリスのカントリーサイドを歩くネイチャーウォークの楽しさを日本人にも知ってもらおうと活動中。

関連記事

  1. ロンドンの小学校事情まとめ(その2) 小学校の私立・公立の違い

  2. 英国ファッションブランド SUNSPEL(サンスペル)

  3. おいしい英国レシピ No.43 Sticky toffee Pudding

  4. イギリスの年越し

  5. イギリスの道路

  6. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 10

  7. イギリスの美容院と日本の美容院の違い

  8. ロンドンのスーパーで簡単に見つけられるおいしいお菓子まとめ

  9. イギリス人の同僚とのコミュニケーション方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ソーシャル

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。