注目の記事 PICK UP!

イギリスに来たらやっぱり本場のアフタヌーンティーを楽しみたい!その1

イギリスの伝統的カルチャーの一つと言えば?

皆さんにとって、「イギリス」と言って思い浮かぶイメージは何でしょうか?
「ビックベン」や「ロイヤルファミリー」、「ユニオンジャック」や「紅茶」そしてやっぱり外せないのが「アフタヌーンティー」ではないでしょうか?

カントリーサイドのマナーハウスでのアフタヌーンティー

「アフタヌーンティー」とは言わずと知れたホテルやカフェなどでサンドウィッチ、スコーン、スイーツが3段トレイに載ってサーブされ紅茶と共に楽しむイギリス発祥の喫茶習慣です。

実はアフタヌーンティーはおうちパーティーの先駆けであった!?

しかし、元々は1840年頃に当時のベットフォード公爵夫人であったアンナ・マリアが朝食と夕食の間の空腹を紛らわせる為に紅茶とバター付きパンを侍女に持ってこさせたのが始まりと言われており、その習慣はやがて多くの友人達を招いたおうちパーティーの社交の場へと変化していきます。

そうなんです!!今ではホテルやカフェで食べるのが主流のアフタヌーンティーは、そもそもは上流階級の人たちのホームティーパーティーの一種でもあった訳ですね。

当時のおうちアフタヌーンティーに想いをはせ我が家で開催されたおうちアフタヌーンティー

アフタヌーンティー選びに困ったら!?

もともとは上流階級の社交の場としてのホームパーティーだったアフタヌーンティーですが、それはやがてホテルやカフェなどで供されるようなり、今のような形態になっていった訳です。
今やロンドンだけでも様々なところで、アフタヌーンティーを楽しむ事が出来るようになりました。

各ホテルによって使われている食器やカトラリーにもこだわりが見られます

 

しかし!!ありすぎちゃって困る~~!!どこのアフタヌーンティーがおススメなのでしょうか?という質問をよく聞かれるのですが、それぞれのホテル・カフェによって売りにしている物が違いますので、何を求めて、どんなアフタヌーンティーを楽しみたいのか?
まずは下記の如くアフタヌーンティーを選ぶ際の選択ポイントをリストアップしてみました。

1.トラディショナルなアフタヌーンティーを楽しみたい方
2.インテリアなど話題のお洒落系ホテルの今時アフタヌーンティーを楽しみたい方
3.アフタヌーンティーの賞を受賞したなど話題性のあるアフタヌーンティーを楽しみたい方
4.童話やミュージカルなどテーマ性のあるアフタヌーンティーを楽しみたい方
5.これもアフタヌーンティー!?的ちょっと一味違ったアフタヌーンティーを楽しみたい方
6.カフェでカジュアルに楽しめるアフタヌーンティーを楽しみたい方
7.カントリーサイドのマナーハウスでのアフタヌーンティーを楽しみたい方

あ、これ、行ってみたい!と思われるテーマのアフタヌーンティーはありましたでしょうか?
まだまだ細分化しようと思えばいくらでも細分化できそうなアフタヌーンティーの世界ですが、次回は上記の分野ごとのアフタヌーンティーを楽しめるホテル、カフェなどをご紹介していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
2014年よりテーブルコーディネイト、お料理プレゼンテーションなどの総合的なおもてなしレッスンが受けられるおもてなし教室「Atelier Curious March ~アトリエ・キュリアス・マーチ~」を開催。 Blog : 「イギリスからおもてなし

関連記事

  1. イギリスでお家の売買の話

  2. 地方都市で見つけたイギリス人の意外な素顔

  3. 超実践 オイスターカードの使い方

  4. 「ティー」は夕食!? イギリス仰天生活

  5. クリスマスホームステイの流れ その2 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  6. チャリティショップでアンティークをゲット!!

  7. おいしい英国レシピ No.54 Bread and Butter Pudding

  8. イギリス全国ダーツの旅(仮)第4回 聖なる島に虹がかかるリゾート lamlash(ラムラッシュ)

  9. イギリス流バーベキューで夏時間の夕方を楽しむ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP