注目の記事 PICK UP!

日本からイギリスに送金する方法

こんにちは、おつみんです。

海外に滞在しているときに一番困るのは、なんといっても現金の引き出しですよね。
現地のATMでは日本の銀行のキャッシュカードは使えないことが多く、クレジットカードも設定を変更しなければ現金の引き落としはできないうえ、手続きには時間がかかってしまいます

海外で生活するには現地で使えるキャッシュカードを持っておくことが必要不可欠になってくるので、今回は、おすすめの海外送金方法を説明したいと思います。

1.現地の銀行口座を開いて、日本から海外送金してもらう

もし長期滞在を予定しているなら、一番手っ取り早いのがこの方法だと思います
前回の記事で詳しく説明したので今回は省略しますが、イギリスの銀行で口座を開いて、まとまったお金を日本から海外送金してもらうという方法です。

一度にまとめて送金してしまえば手数料はその一回しかかかりませんし、一度現地の口座に振り込めばATMを使う手数料はかかりませんから、いつでも好きなときに現金を引き出すことができます。
レートがいい時を狙って、まとめて振り込むのがポイントです

2.海外キャッシングに対応している日本の銀行口座をつくる

昔は新生銀行が主な取り扱い先として有名でしたが、現在は色々な銀行で海外キャッシング対応のキャッシュカードが使える口座を開設できるようになっています。
日本の普通の銀行口座と同じように使用できるので、帰国してからも使いたいという場合は、この方法で口座を開いておくといいかもしれません。

ただ、現金を引き出す時のレートで日本の口座から引き落とされていくので、常にレートを気にしなければならないという難点があります
3ヶ月ほどの滞在で、現地の口座を開くには期間が短いという方にはおすすめです。

3.キャッシュパスポートを作る

キャッシュパスポートとは、プリペイド式の海外キャッシングシステムです。
新たに銀行口座を開く必要はなく、送金は自分のキャッシュパスポートアカウントを経由して行います。
まとまった金額を振り込めば、現地では振込時のレートで現金を引き出すことができます。
また現在は一つのカードで9通貨の取引に対応しており、マスターカードとして使用することもできるので、色々な国に旅行したいと思っている人には便利かもしれません

以上の3つが、日本から海外に送金する主な方法だと思います。

それぞれの方法のメリットと自分の滞在プランに合わせて、一番効率のいい送金方法を見つけましょう。


The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 22話 vs BBC前篇

  2. イギリスでの医療に関して(No2) イギリスの有料病院、治療について

  3. イギリスのスーパーマーケット、オンラインショッピングのすすめ

  4. 街の教会が住民にとってなくてはならない理由

  5. イギリス大学院での生活—キャンパス紹介2—

  6. イギリスEU離脱「Brexit」特集一覧

  7. ヨークシャーにある謎の岩

  8. イギリスのデパートはどれも老舗だった!

  9. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP