注目の記事 PICK UP!

イギリス全国ダーツの旅(仮)第5回 歴史と最先端が濃縮された町Methven(メスベン)

こんにちは!
ロザリー編集部です。

イギリス全国をランダムに指し、そこにある村や町を紹介していくシリーズ「イギリス全国ダーツの旅(仮)」の五回目です!

さて、今回取り上げる街や村は、果たしてあなたの知ってるイギリスなのでしょうか?!

今回ご紹介するのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メスベン(methven)です!

 

 

 

都心では味わえない安心出来るコンビニ

メスベンはスコットランドの中東部に位置する人口1162人の町です。
そのメスベンで最初に目を引くのは、コンビニです。

「Methven’s Own Convenience Store」と書かれていて、日本人でも間違える事なくたどりつけます。
日本でも個人商店からコンビニになった店舗がありますから、国は違えど同じ背景を感じますね。
「stop & shop express」と書かれた文字の下に飲食物の絵があるので、イートインがある事が見受けられます。
隣の絵には新聞も書かれていて、店前の看板にも「Perthshire advertiser on sale here」とあります。
これは、「スコットランドのパースにある大手出版社の新聞が、ここで販売中」という内容です。

Perthshire advertiserのface bookはこちら!

メスベンで最新スコットランド情報を手に入れたい方は、こちらを利用すると良さそうです。
正に、この町のホットステーションですね。

パースシャーへ向かう旅の途中にある宿場町

そう、ここメスベンはパースシャー(現在のパース近郊をさす古い呼び名)へ向かう旅のルートにある町なのです。
パースとは13世紀から15世紀までスコットランド王国の首都であった町です。

パースの観光名所としては、宗教戦争で廃墟になった大聖堂跡の数々があり宗教史としての価値に高いです。
更に、世界最強の連隊と謳われた「ブラックウォッチ」の博物館である「ブラックウォッチ・キャッスル&ミュージアム」がありこちらは王立軍事歴史が好きな方には抑えておきたい場所です。
軍事関係というと、身近に感じない人も多いかもしれませんが、ブラックウォッチといえば、青・緑・黒のチェック柄のタータンチェックが有名です。

パースの他の観光名所は、キヌール丘が代表的です。
丘の上からのパースを一望できる景観に、英国情緒が胸に灯ります。

さて、そんな観光名所への旅する際には、ホテルを心配してしまうところ。
勿論、観光名所付近には素晴らしいホテルの数々がありますが、ここメスベンにある「The Bell Tree Inn」こそ、パースシャー旅行における知られざる良宿だったのです。

The Bell Tree Innのツイッター

ツイッターの紹介文にもあるように、2つの部屋とレストラン兼カフェ&バーがあり、Free Wi-fiも完備!
家庭的で暖かな雰囲気が漂っていますね。
名前に「Bell」とありますが、パースはスコットランドウィスキーである「Bell’s」の発祥の地であり、「Bell’s」はイギリスで最も販売量が多いブレンデッドウイスキーとして有名です。
日本でも親しまれているウィスキーですので、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなメスベンの「The Bell Tree Inn」で、パースへの旅路の疲れを癒す夜と新しい旅立ちの朝をベルウィスキーと共に迎えてみてはいかがでしょうか。

…とおススメいたしたい所だったのですが、残念ながら2016年で閉店されてしまったようです。
残念…。

町の人たちの大事な憩いの場でもあったこの場所が、閉店にいたってしまって…。

ですが、ご安心下さい。
メスベンの町は活気にあふれております!!

新たなメスベンの息吹を感じるカフェ

「The Little Acorn Cafe」というモダンなカフェが新たな憩いの場として町を賑わしています。
マスコットキャラも「The Little Acorn」という名前通り、小さなドングリをモチーフとしていて、とても可愛らしいですね。

ツイッターでリアルタイムな教育活動を発信する町の小学校「Methven Primary School」

そして、メスベンで最も活発なこのメスベン小学校をご覧ください!
ほぼ毎月、画像や動画で教育活動を発信しております。
メスベンの町の特徴を活かしながら建築を学んでいたり、スコットランドならではな大自然を体感していく学習から、郷土愛を強く感じます。

その上、最先端のパソコンやタブレットを導入しながらのIT化された授業もあり、グローバルスタンダードも視野に入れたメスベンの全方面的教育理念が伺えます。

メスベン小学校の教育理念に触れたい方は是非こちらのHPもご覧下さい。

メスベン小学校のHPはこちら!

いかがでしたでしょうか。
パースへの旅行を考えられている方は、歴史と最先端の今が織り込まれる町メスベンに是非お立ち寄り下さい!

関連記事

  1. 欧州歌の祭典 ユーロビジョンソングコンテスト

  2. 歴史を知るきっかけになるおすすめ海外ドラマ

  3. チップはどこまで必要か?

  4. イギリスに持って来てよかった意外なもの

  5. イギリスに来たらやっぱり本場のアフタヌーンティーを楽しみたい!その1

  6. イギリスでよそ様のお庭を自由に歩く方法(その1)

  7. これで貴方も上流階級の仲間入り!?アフタヌーンティーのエチケットについて学ぼう!

  8. おいしい英国レシピ No.41 Dundee cake

  9. イギリスのホームステイで気をつけるべきこと 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP