大英図書館のショップ、お勧めです♪

昨日はキングス・クロスに行ってきましたよー。

※2015年11月2日の記事です。

と言っても、そこから列車に乗るためじゃなく、駅の隣にある大英図書館に用事があったのです!

でももちろん私には、図書館の利用登録をして学術書や文献を調べるなんて用事はありません。笑
先日ここのオンライン・ショップを見てて、気になる商品が幾つかあったのです。

でもクリスマスや誕生日のプレゼントにしたいので、写真だけだと実物の質感とかイマイチ不安~、、、じゃあ、実際に行って買う方が安心かなっ!と思ったのでした。

いつも小規模な無料展示会をやってるコーナーでは「アニマル・テイルズ」というテーマで、動物たちが登場する児童書の展示をやってました。
物語(Tales)と尻尾(Tails)をかけてるんですねー。
私もちょこっと覗いてみました。

中には貴重な古書とかも展示されているので、撮影禁止。
でも、展示室のすぐ外にあるベンチには、お子様たちが自由に読めるよう本が置いてあって・・・

その中の一冊に、モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」があったのが、何気に面白かった!
確かに怪獣も、動物のうちと言えなくもないですね~。^^

さて、大英図書館ショップ。

これが何と予想以上に充実してて、大興奮のお買い物タイムになったのですよ!!!
個人的には、大英博物館よりも欲しい物が一杯あって選ぶのに困ったほど。

そこから厳選して買い求めた数点は、

まずは「不思議の国のアリス」のオイスターカード入れと、厚めのノートブック。
どちらも大英図書館オリジナル商品、というのが高ポイントです☆

こちらは、「大変だ~遅れてしまうぞ!」と忙しない白ウサギ模様のネクタイ。
もう一種類、白地にマッド・ハッター模様のもありました。

ピュア・シルクで、これもラベルに「British Library」のロゴ。

他にも購買欲をそそるグッズが沢山あって、選ぶのが大変でしたけど・・・
一応オンライン・ショップを見た時にプレゼント用にと考えていた品物は揃ったので、かなり満足!やっぱ来てみた甲斐がありました♪

ついでに、自分にも布バッグを一つ。
「公立の図書館を片っ端から探してみると埋もれた宝がいっぱい見つかります」っていうのは、作家ヴァージニア・ウルフの言(らしい)。

これは図書館オリジナル商品じゃないけれど、薄くて折りたためる生地なのが便利そう。
最近はスーパー等でレジ袋をもらうと5ペンス払わないといけないから、常に何枚かバッグに入れておかないとね!

まだまだ11月なんて思っていると、あっと言う間にクリスマスを迎えて焦るのは毎年のこと。
今年こそは、そんなパニック買いに走らず着々と準備をしたいのですが・・・うう~ん、どうなる事やら?(ーー;)

※上記記事は、ブログ「ロンパラ!(LONDON パラダイス)」から、londepa様のご許可を得て、転載いたしました。
記事名:大英図書館のショップ、お勧めです♪
記事URL:http://londepa.exblog.jp/21796093/

The following two tabs change content below.
ブログ紹介:ロンパラ!(LONDON パラダイス)
ブログ説明:ロンドン生活&旅行&イベント情報など。
天に召された愛犬の思い出を胸に、明るいガン闘病も時々。
★「地球の歩き方」特派員ブログ★
ロンドンまたはイギリスに初めて来る方にも分かりやすく、親しみやすい内容を心がけてます!ほぼ週イチ更新。^^;

♥インスタグラムはこちらです!見てね♥

関連記事

  1. イギリスのファンタジー文学の舞台をめぐるおすすめスポット10選 「ロザリー×旅工房」

  2. イギリスの祝日

  3. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 1 物語の始まり

  4. Japanesegarden

    日本好きなイギリス人と仲良くなれる「イギリスの日本庭園」

  5. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 4 イギリスの待ち合わせ

  6. 日本にピーターラビットの作者の家があるってホント?

  7. イギリス式断捨離の仕方

  8. チャリティショップでアンティークをゲット!!

  9. 歴史を知るきっかけになるおすすめ海外ドラマ <その2>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

  1. valentine
  2. animalrescuecentre
  3. ClintEastwood
  4. omiyage
PAGE TOP