ロンドンに行く前に知っておきたい盗難防止のコツ

イギリスのスリ対策

みなさん、日本でもスリの被害にあった話を聞くかと思いますが、海外は日本よりも危険というイメージがあるのではないでしょうか。
現地の人から見ると、やはり日本人はスキだらけに見えるようで、実際に被害にあったという話も日本よりもよく聞くのではないでしょうか。

今回は、みなさんも気になるロンドンでの盗難防止のコツについてお話します。

繁華街はどこでも危険

これをいうと身も蓋もないですが、あくまで日本と比べて、という事でいうと、やはり人が多く集まる場所は気をつけたい場所です。
よくある被害としては、置き引き、スリ、ひったくりがあります。
その中でも、置き引きとスリは多く、自分の家以外のところにはどこにでもいると思っていい、という人もいます。そのくらい気をつけた方がいい、ということでしょうか。
最近では、スマホを持って電話をしているときに奪い取るようにもっていかれた、という話もあるので、日ごろスマホを持って歩きがちなわれわれ日本人は、特に狙われるとのことです。

置き引きを防ぐコツ

置き引きに関しては、特にカフェやベンチなどで休憩しているところが狙われやすいです。
そこで、どこかに座って休む時は、原則としてバッグ類は手元から離さないようにしましょう。
床にかばんを置いてしまったら、間違いなく狙われます。
また、どうしてもどこかに置かなければならない場合は、椅子や机の脚にかばんのひもをひっかければ安心です。

イギリスのスリ対策

巧妙な犯行の手口

たとえばどんな形で被害にあうのか、実際に起きた例で説明します。

ある日ロンドン在住の日本人の友人と出かけたAさん。
カフェで一休みしようと席に座り、携帯電話をテーブルにおいておしゃべりをしていました。
そこに若い男性が来て、「慈善事業のボランティアをしているので、話だけでも聞いてくれないか」と話しかけながら、慈善事業のパンフレットをさりげなく携帯電話にかぶせるようにテーブルに置きました
Aさんは興味がないというと、男性はあっさり引き下がり、パンフレットを持って立ち去りました。
しかし気づくと、テーブルに置いてあった携帯電話もなくなっていた、ということです。

警察に被害届は出せるものの…

残念ながら盗難にあってしまったら、すぐに警察に行き被害届を出しましょう。
しかし、同じような犯罪が多いためか、警察もひとつひとつの事案に人を割く余裕はないのでしょう。
実際には戻ってくることはほとんどないため、まずは絶対盗られないことを心がけることが重要です。
フランスのニースには、警察署にタッチパネル式の被害届記入用の機械がズラリと並んでいるほどで、それを見ただけでも見つかる気がしませんね。

みなさんも、日本とは環境が違うということを心がけて、荷物を体から離さないようにしましょう!



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 40話 2012年、私たち…

  2. ハンナ・レンデルの描いた猫

    猫の街・谷中にイギリスの動物雑貨ブランド「レンデル」POP UP STOREが2018年11月10日…

  3. イギリスの習い事事情

  4. イギリスの古城で結婚式を挙げる方法 その2

  5. テレビ受信料、支払いは義務?(その1)

  6. イギリスで病気になったら

  7. 「本場」アフタヌーンティの意外な落とし穴

  8. 地元のフリーペーパーで大人気の「交際欄」

  9. イギリスの年越し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP