イギリスでよそ様のお庭を自由に歩く方法(その1)

みなさん、イギリスのきれいな庭のあるおうちや、羊のいる牧場、それに貴族のお城などに、もっと奥まで入ってみたい!と思ったことはありませんか?

実は、イギリスには「フットパス(Footpath)」とよばれるイギリス全土に張り巡らされている「誰でも通っていい」道があって、なんと民家、牧場はもちろん、お屋敷の中にも通っているのです。
日本では考えられないですが、このフットパスは、古くから法律で権利が認められている公的な道であるため、個々の土地の権利よりも優先されているのです。

今回は、このイギリス独自のシステム「フットパス」について解説します。

【関連記事:英語が苦手な人でもできる、ロンドン周辺ウォーキング

フットパスとは

フットパスは、「Foot=足」「Path=小道」という意味の言葉です。

中世イギリスの頃より、人間が歩いてきた道が、現在のフットパスになっています。
人によっては「太古の歩道」なんてカッコいい表現をする人もいます。
フットパスの性質としては、誰でもフットパス内であれば通ることができるというものですが、法律的には、「交通権」とよばれる権利が根拠となっています。
また、徒歩やほかの交通手段かどうかによって、細かく道の定義が分かれています(詳しくはこちらをご参照ください)が、ここでは徒歩で歩ける「パブリック・フットパス」を念頭に説明します。

フットパスはイギリスの「血管」

フットパスは、立派な通りであることもあれば、人一人がやっと通れるような小道であることもあり、そうした大小の道が、イギリス全土を血管のように張り巡らされているのです。
ロンドンにも、実はフットパスになっている通りがあったりするので、ぜひ探してみてください。
中には、民家と民家の間に、まるで秘密の通路のようにとおっているフットパスもあります

しかし、町の中にある大きいフットパスはすぐにわかるのですが、細いフットパスも多く、森の中や牧場を、小さいフットパスがいくつも交差しているような場所では、本当によく注意していかないと、すぐにルートを外れてしまうので、そのような道を歩く場合は、フットパス専用のマップがスポーツ用品店に売っているので、ぜひ事前に購入していくといいでしょう。

なお、日本にも、「日本フットパス協会」という団体が、日本におけるフットパスの普及活動を行っているようです。

次回は、フットパスの歩き方と、注意点についてお伝えします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 「わからない」といえない日本人がトラブルを生む

  2. 歴史を知るきっかけになるおすすめ海外ドラマ

  3. 秋篠宮佳子さまがご留学されるリーズという都市

  4. 【3分でわかる】なぜデイビスBREXIT担当相が今辞任しなければならなかったのか

  5. イギリスでよそ様のお庭を自由に歩く方法(その2)

  6. イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow To 5(その1)

  7. 自然と建物を大切にするイギリス

  8. イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow To 5(その2)

  9. EU国民投票をめぐって、雑感その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP