中世から続く景勝地、ナレスボロ

今回は、以前ご紹介したハロゲート(記事はこちら)のお隣の町・ナレスボロを紹介します。

ナレスボロ(英語表記はKnaresborough)はハロゲートから2駅目でヨーク側に位置してるタウンです。
とても小さい町なので半日もあれば観光できてしまうくらいの大きさです。
歴史的に古い町で1086年に書かれた本にこの町の名前が記されてるそうです

おすすめ写真スポットだらけの町

ナレスボロの見どころは、なんといっても美しい景色です
鉄道が通る橋が高いのでハロゲートから電車に乗って行くと下に川が流れていて、思わず身を乗り出してしまうような景色が橋を渡ってる間に一瞬広がりますが、丘から見る橋と川の景色も格別です。

001

その丘にはタウンセンターからもしくは下に流れる川から坂道がありそこを登ってもいけます。
丘には古城(本当に小さな建物なんですが)、広場があるのでブラブラするのもおすすめ。

散歩道もフォトジェニックな建物がたくさんあるので、イギリスらしい写真が収められると思います。

イギリスでもっとも古い観光地

Mother Shipton’s Caveというのがナレスボロにあり、イギリスで一番古くから観光名所としてあるそうです
こちらの洞窟はアトラクションとして入場できるようになったのが1630年からだそうで、洞窟にまつわる魔女のおとぎ話もあり、ちょっとした名所になっています。

気をつけておきたいのは入場できる時期。
11月から3月いっぱいまでは閉まっています
4月から10月までは毎日朝10時から4時半までオープンしています。

鎌倉時代からあるマーケット

ナレスボロはマーケットタウンです。
タウンセンターの中央広場では毎週水曜日にマーケットが開催されています。
このマーケットの起源はなんと1310年から!
日本の歴史に置き換えると鎌倉時代から毎週水曜日にマーケットが開催されてる事になります

朝8時半から4時まで。

002

こちらの中央に位置する敷地にマーケットが並びます(この日は日曜日だったので、マーケットはなく、お店も閉まってるところが多かったです)。
ただ、地元に住んでるとどうしても平日だしスーパーが今では普及されているからマーケットへ行く事はなくなってしまってますが・・・。
地元紙によると毎月第3土曜日にはファーマーズマーケットが開催されるそうです。
今のところ、9月17日、10月15日、11月19日、12月17日に予定されてるそうです。
朝10時から3時まで。
オーガニックフード、地元栽培、家畜のものなどがあるそうです。

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



関連記事

  1. イギリスEU離脱「Brexit」特集一覧

  2. ハリー・ポッター・スタジオ(その2) ツアーに頼らない!個人での入場予約方法

  3. ママレードケーキ

    おいしい英国レシピ Vol.6 Marmalade Cake(マーマレード ケーキ)

  4. イギリスのバカンス 森の中で長期休暇をとる過ごし方

  5. ウォータールーからロイヤルオペラハウスまで歩く

  6. イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow To 5(その1)

  7. イギリスの大きな駅の利用ポイント!

  8. jacobsmithpark

    イギリスの大自然が味わえる公園 東京ドーム3個分の広さ ジェイコブ・スミスパーク(Jacob Smi…

  9. おいしい英国レシピ No.34 Cheddar cheese cake

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP