日本とイギリスのクリスマスの違い

プレゼントは1個じゃない!

日本でのクリスマスプレゼントといえば、サンタさんが枕元に1つ置いていってくれると思われていますよね?
でも、イギリスではサンタさんはクリスマスツリーの下にプレゼントを置いて行くんです!!

また、各家庭で違うと思いますが、大抵の家庭ではストッキング(くつ下)にも小さなプレゼントが沢山入っていたりします。
別に豪華なプレゼントではなくて、本当に細々したものだったりします
くつ下やら下着、えんぴつなどの筆記用具やチョコレートや飴などなど。
これらのプレゼントの事をストッキングフィラー(くつ下を一杯にする物)と呼ばれていて、お店でもストッキングフィラー用のプレゼントなどが売られていたりします。

そして、プレゼントは子供達だけのものではありません。
大人もプレゼントを交換したりします!
夫婦で交換したり、親子で交換したり、親戚と交換したりします。
なので25日の当日にツリーの下はプレゼントで沢山になります。

003

クリスマスツリーに飾るのは星派?エンジェル派?

私がイギリスに留学に来てて初めてホームステイ先のところでクリスマスを過ごした時に文化の違いだなーと思ったのが、ツリーのてっぺんに飾るのが星ではなかった事。
エンジェルが飾られるんです!!!

でも、それはそこの家庭でのやり方で星を飾ってるところもあったりします。
ちなみに我が家では結婚した当初は気に入ったエンジェルが見つからなかったので最初は星を飾っていましたが、数年前に気に入ったのがあったので、それからはエンジェルを飾っています。

004

ツリーには本物の木を使うところも!

そして、ツリーは本物の木をを飾る人もいます。
本物の木は早くから飾り付けをしてしまうと部屋の暖かさで葉っぱが落ちてしまったりします。
なので木の切り口に受け皿をしてお水をあげ続けます。
そうする事で乾燥を防ぐようです。

本物の木は12月の半ばくらいに飾りつけをしたりします。
あまり早すぎると葉っぱが枯れてしまう事もあるので。
本物の木だと部屋に木の香りが漂ってそれはそれでとても雰囲気があるクリスマスになります。
我が家も最初の数年は本物の木を飾っていましたが、年々木の値段も上がってるし持ち運びの時に葉っぱが落ちてしまって大変だったりするので、フェイクツリーを買いました

すぐにしまわないクリスマスツリー

日本はお正月の飾りつけの支度があるので、大忙しでクリスマスツリーを片付けますよね?
イギリスでは新年の飾りというものはなく、クリスマスの飾りがそのまま新年まで持ち越しになります
Twelfth Day of Christmasとも言われていて、クリスマスの日から12日後の1月5日にクリスマスツリーを片付けるようです。
それでも、新年を越して5日までクリスマスツリーがお家で飾られてるのは日本ではまず見ないですよね?

日本とイギリスのクリスマスの違いなんかを留学やイギリス人と接する機会があれば話題で持ち出して見たら話が盛り上がると思いますよ!

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



関連記事

  1. イギリス大学院での生活—キャンパス紹介1—

  2. バイリンガル家族の「今」を切り取る実体験エッセイ ~産前から2歳まで~

  3. ウェールズのアベリストウィス大学のオールドカレッジ外観

    【イギリスを支えた偉人たち】アベリストウィス大学に集まった市民の力と愛されたリーダー「デイビッド一族…

  4. イギリスのキッズ誕生日パーティー

  5. イギリス全国ダーツの旅(仮)第4回 聖なる島に虹がかかるリゾート lamlash(ラムラッシュ)

  6. オフピーク中の週末コテージのすすめ

  7. ロンドンで日本の食材が手に入る場所まとめ

  8. おいしい英国レシピ No.26 Tonbridge Biscuits

  9. 知っておくと探しやすいヘア商品

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP