イギリス全国ダーツの旅(仮)第4回 聖なる島に虹がかかるリゾート lamlash(ラムラッシュ)

こんにちは!
ロザリー編集部です。

イギリス全国をランダムに指し、そこにある村や町を紹介していくシリーズ「イギリス全国ダーツの旅(仮)」の四回目です!

さて、今回取り上げる街や村は、果たしてあなたの知ってるイギリスなのでしょうか?!

今回ご紹介するのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lamlash(ラムラッシュ)です!

アラン島で最大人口をほこるリゾート地

ラムラッシュはスコットランドにあるアラン島の村です。
総人口1100人のこの村は、5058人のアラン島の中で最大人口をほこる大きなリゾート地で、壮観な海辺の景色に溢れています。

聖なる島に虹がかかる

ラムラッシュは別荘地として人気ですが、特にラムラッシュ湾の向かいにあるホーリー(聖なる)島を一望できる景色が人気です。
海岸のすぐ先に島がある景色を眺めていると、思わず向かいの島に渡りたくなりますね!

ラムラッシュの空には、虹がかかる事も多々あるようで、フォトジェニックで幻想的光景が広がります。
二重に虹がかかる「ダブルレインボー」も!
ダブルレインボーとは、ハワイやジープ島のようなスコールの多い島ならではの現象で、「卒業」と「祝福」を意味するスピリチュアルな光景として人気があります。
強烈な大雨が引き揚げた後に、空一面に広がる二重の虹の輝きは、多くの人々に希望を抱かせるパワーを与えてきた事でしょうね。
実際に、「幸運の前兆」とも言い伝えられているとか。
自分の人生を変えていきたい!と願う方は是非見にいかれてはいかがでしょうか。
特にラムラッシュのダブルレインボーは、幸運の二重虹が聖なる島にかかるため、より一層のご利益が得られる事間違いなしです。

ゴシックな聖ジョージ教会でお祈り

他にもスピリチュアルな場所として、聖ジョージ教会があります。

12世紀末のイギリス初期・ゴシック様式で建てられた建築物という事もあり、神秘な雰囲気を醸し出しています。
現在は改装工事中になっているそうなので、この雰囲気を味わいたいという方は、お早目の来訪をおススメいたします。

ラムラッシュオープンに参加して運を動かす

運気を得た後は、その運を動かすための鉄則である「運動」が不可欠ですよね。
アラン島はピーク時の観光客が二万人にも達すると言われ、観光地として栄えてきた歴史あるリゾート地らしくゴルフ場にも恵まれております。
島にあるゴルフ場の内、主流である18ホールのゴルフコースは全部で三つあり、その内の一つがラムラッシュのゴルフクラブです。

ラムラッシュ・ゴルフクラブはこちら!

ここでは、アマチュアも出場できるプロのトーナメントであるオープントーナメントもありますので、腕に自信のある方は是非参加してみてはいかがでしょうか。
日本人の優勝者はまだいないようですので、ラムラッシュ初の日本人優勝者として歴史に名を刻めるかもしれません!
レディースオープンもありますので、女性の皆様も是非ご参加下さい。

お土産にはアランウィスキーを

ゴルフで汗を流したあとは、アラン島の名産であるアランウィスキーがおすすめです。

実は、アラン島のウィスキーは世界的にも評価が高く、歴史あるウィスキーなのですが、150年前に島の蒸溜所が閉鎖されてしまっています。
当時の時代の流れに飲まれてとの事ですが、紆余曲折を経て、近年再び蒸溜所が開かれました。
特にアラン蒸溜所では、1997年にはエリザベス女王陛下が訪れ、1998年には、あの有名な名作映画「トレイン・スポッティング」のユアン・マクレガーも訪れております。

飲んでみたいというお方は、こちらのお店でもお取り扱っておりますので、是非ご購入なされてはいかがでしょうか。

http://www.suzusake.com/SHOP/21305/21330/list.html

イギリスで日本酒ブームが来ていたり、ハイボールが急にブームになったように、日本でもアランモルトブームに火がつくかもしれませんね。

【参考記事:イギリスで日本のお酒ブームも

聖なる島を目の前にしたラムラッシュはこちら!

The following two tabs change content below.

ロザリー@イギリス初心者向け総合情報webメディア

イギリス初心者向けの総合情報webメディア!
ロンドンからハロゲートまで、
イギリス全土のブロガーの生活情報が、一度に読めます!

関連記事

  1. ノーベル文学賞受賞記念 カズオ・イシグロ原作 『日の名残り』特別上映 Bunkamuraル・シネマに…

  2. ロンドンの地下鉄に隠された秘密

  3. イギリスでよそ様のお庭を自由に歩く方法(その1)

  4. bank-account

    イギリスで銀行口座を開く方法

  5. イギリスはチャリティー大国

  6. おいしい英国レシピ No.55 Osborne Pudding

  7. 次期イングランド王が「プリンス・オブ・ウェールズ」である理由

  8. イギリス大学院での生活—キャンパス紹介2—

  9. イギリスの小学校新学期準備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP