EU国民投票をめぐって、雑感その2

その1のつづきです。

意外に普通? 街はいつも通りの姿

さて、国民投票から一夜あけて「離脱」が決定的となった6月24日の朝。

ニュースをチェックした時は「ええっ! これからどうなっちゃうの?」と驚愕したのですが、意外にも街の様子はいつも通りです
離脱派が祝賀ムードで大騒ぎしていたり、残留派が抗議スピーチをしていたり、ということもなく、いたって静か。

「Celebrate LEAVE」のバッジをつけた人を数人見かけた程度でしょうか。
とにかく、こちらが拍子抜けするほど、普段通りの雰囲気でした。

在英EU国民はショックを隠せず

しかし当然ながら、在英のEU国民は、この結果に不安を募らせています。
娘のクラスメイト(ポーランド人)も、「結局イギリス人は僕たちを邪魔者だと思っているんだ」とこぼしていたとか。
すぐに影響が出ることは無い、とはいえ、先行きの不安定さはぬぐえません。

現地在住でも、見えない「過半数」

個人的に、今回の国民投票を通じて感じたのは、外国人である自分に見える世界の「狭さ」でした

デヴォン州では、私たちが住んでいる州都エクセターのみが「残留」で、他の地域は全部「離脱」支持だったそうです。
そのエクセターでも、残留派55%という僅差の勝利。つまり、住民の半分近くは離脱支持なのです

それなのに、私が話した人のほとんどは、離脱に決まったことを嘆いていました
「信じられない。まさかこんなことになるなんて」
「怒りで仕事に手がつかない」
「ショックで何も考えられない」。

EEC加盟から40年超、イギリス国民の生活に、EUとの関係は深く影響を与えています。

大学や企業の補助金はどうなるのか。
他のEU国に住んでいる家族や親せきはどうなるか。
残留派の多いスコットランドでは、また独立騒ぎが持ち上がるのでは?
北アイルランドも、南との統合を望むかもしれない・・・。

彼らの心配はどれももっともなのですが、しかし事実として、英国民の過半数は「離脱」を支持したというのに、離脱派の喜ぶ声を聞くことは余りありませんでした
それは結局、自分のコミュニティの偏りからくるのだろう、と思います。

イギリス人にも、当然いろんな人がいます。
外国人である私に好意的な人もいれば、距離をとって目を合わせない人もいます。
当然、自分に好意的に接してくれる人とだけ話すことになるのですが、そういう人たちはほとんど、外国人に寛容な残留派だという・・・。

離脱派の人たちが抱く不満や不信は、私たちのいない場所で積もっているのでしょう。
現地に暮らしていても、自分に見えないものがいかに大きいか、ということを痛感しました

曲がったバナナがもたらす未来

あるイギリス人は、こんなことを言っていました。

「不安は大きいけど、良い面に目を向けましょう。ともあれ私たちは、また曲がったバナナを食べられるようになるんだわ」。

EUの規制は食品規格にも及んでおり、そういった細かい規制を、内心で不満に思う人も多いのです。
EUから離脱、という前例のない道を選択したイギリス人が、再び口にする「曲がったバナナ」は、いったいどんな味なのでしょうか

関連記事

  1. 日曜日に食べられるイギリスご飯

  2. イギリス全国ダーツの旅(仮)第3回 イギリス最北端のローカル鉄道に乗ってkinbraceへいこう!

  3. おいしい英国レシピ No.12 Poppy Seed cake

  4. おいしい英国レシピ No.11 Scottish whisky cake

  5. イギリスで国際結婚をする方法

  6. ドラキュラが来襲した町・Whitby

  7. ハリー・ポッター・スタジオ(その2) ツアーに頼らない!個人での入場予約方法

  8. ロンドンの地下鉄に隠された秘密

  9. 中世から続く景勝地、ナレスボロ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP