注目の記事 PICK UP!

ロンドンで子供と一緒に行ける場所まとめ

お子さんがいるご家庭は、親である自分たちと子供としたいことが違ったりするので、休日などにどこに行けばいいか、悩むことはありませんか?
特にお子さんが小さいと、暴れたり泣いたりするので、出かける場所に困りますよね。
外国であるイギリスであれば、なおさらです。

ここロンドンは、子連れの親子が出かけている姿もよく見かけます。
子供がいることが当たり前と考えて環境が作られているので、子供と一緒でもとても住みやすい街です。

今回は、ロンドンで子供とお出かけするときにおすすめの場所を紹介します。

コミュニティガーデン付のフラットがおすすめ

ロンドンのフラットは、少し大きいものだと、フラットとフラットの間にコミュニティガーデンと呼ばれる共用の庭があります。
ここだと、外に迷惑をかけるこもとなく、住民も子供がいることを前提にしてくれるので、安心して思う存分遊ばせることができます。
子連れでロンドンでフラットを探す際は、コミュニティガーデンの有無もぜひチェックしてみてください。
apartments-14082

博物館は子供の楽園!

日本では、博物館は小さい子供が行くところ?というイメージがありますが、ロンドンでは子供たちが館内できゃあきゃあ騒いでいても、それが当たり前な雰囲気があるほどです。
特に恐竜の展示スペースなどは、大人気スポットです。
また、館内の子供向けのプログラムも充実しており、読み聞かせのイベントやワークショップなども開かれていますので、ぜひHPなどでチェックしてみてください。
付属のレストランにも、子供向けのメニューはもちろん、落書きできるように、ノートやクレヨンを置いてあるところもあるほどです。
museum-256495_1920

公園の遊具がキッチリ!

街のあちこちにある公園も、子供が遊びやすいように工夫されています。
一つ一つの遊具も、鉄などの材質は極力使わず、プラスチックなどで作られていたり、日本ではあまり見かけない、カゴタイプのブランコも、公園の大小にかかわらず設置されています。
これなら、事故を気にせず、安心して子供を遊具で遊ばせられますね!
swing-1010593_1920

キッザニアもできましたが…

ロンドンにも、2015年にキッザニアロンドンができました。
日本と比べて少し料金が高く(£29.5)制限時間も短い(4時間)のですが、キッザニアに興味はあったけど日本で行けてない!という人は、行ってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?

日本ではどこへ行くにもお金がかかりますが、今回ご紹介したところは、ほとんど無料(!)なのも魅力です!
(博物館も、基本的にはどこもタダです)

ぜひ、ロンドンに住む、もしくはお子さんとロンドンに旅行に行く際の参考にしてみてください!



関連記事

  1. イギリスのスーパーで売られている野菜

  2. ロザリー新春 | 読者プレゼントキャンペーン(締切1/15まで)

  3. イギリスのパーティー事情

  4. ロンドンでのバスの乗り方

  5. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その2)

  6. イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow to 1

  7. クリスマスホリディホームステイに行こう!「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  8. ビートルズで知るイギリス人の日常

  9. 海外旅行は大騒ぎ!もしも空港でチェックイン荷物が重量オーバーになったら?

Twitter

最近の記事

PAGE TOP