108円でイギリス人に大ウケした日本のお土産の話。

uk- souvenir

※こちらは2016年10月18日の記事になります。

イギリスの友人知人へのお土産、悩むよね。
今回は私が実際にイギリス人にあげて
エラく反応のよかったお土産をメモしておきます。

ヨックモックのシガール

言わずとしれた海外へのお土産大定番。
日本外交 最大の功労者ともうたわれるシガール。
(お土産として持って行くと喜ばれるから)

特に甘いものに目が無いアラブ系や東南アジア系で
効力を発揮すると言われていますが、イギリスでも安定のウケ。

日本のお菓子としておせんべいとか和菓子系を持って行きたくなる所だが、
彼らにとってはこちらの方が抵抗無く食べられるようだ。

社内で配る用のお土産として、迷ったらコレ。

抹茶味キットカット

こちらを参照↓

バースデー絵&イケメンマックスを抹茶味キットカットで釣る話。

ただし抹茶味を好まない人もいるので注意。

covaco

それでもやっぱり日本っぽいものをあげたい!という時に。
京都の青木光悦堂のcovacoシリーズ。

http://covaco.jp/

さて、ここからはタイトル通り105円でメチャクチャ喜ばれた
お土産を紹介します。ぶっちゃけ、上の105円以上のお土産より、
ずっとずっとウケが良かったものです。ご参考迄に。

(ただし女性や子供向け)

クマちゃん付きの蛍光ペン

uk- souvenir

これは日本の雑貨屋や小中学生女子が屯している文具コーナー等で
売っている蛍光ペン。
一本105円。

コレ、普通の蛍光ペンにあらず。
ペン先部分にクマちゃんがあしらわれているんですね。
こんな少女心をくすぐるディティール、まずイギリスには出来まいと(笑)。

イギリスの10歳の女の子にあげたのですが、もー大ウケ!
その後、この子のお母さんがお礼にと、
うちの娘に素敵なワンピースをくれました。

The エビ鯛! ヒャッホー!

この他にも美しいデザインの文具類はなかなか評判がいいです。

100円ショップの食品&キャラクター消しゴム

uk- souvenir

ダイソーで買った、コレ。

ざらざらーと並べて「好きなの選んで!」でメアリーに選ばせたら…

uk- souvenir

というぐらい、喜んでくれました。

彼女は女子校の先生でもあるのですが、生徒達にも自慢したそうで、
ここでもやはり欲しい欲しいとせがまれたらしい。

「こういうミニチュア消しゴム、イギリスには無いの?」と聞いたところ、
「私は一度も見た事無いわ…コレ本当に最高よ!」とのこと。

てなわけで今私が一押しの日本お土産はコレです。

なんか調べたら車型の消しゴムとかあるみたいですけどねイギリスにも。
※追記 最近こちらの文具屋でまさしくダイソーのこの消しゴムが売り出されているのを見ました。ただしお値段は倍以上になっていた。

ちなみに、彼女が選んだ消しゴムは「サンドイッチ・ピザ・ホットドッグ」がセットになったものでした。
お弁当とかおにぎりなどの消しゴムより、
やはりパン系の方が親しみがあるのかもしれない。
(寿司はメアリーが魚介類全般食べないので選ばなかった。しかし寿司自体は、こちらでもポピュラーなので、アリかもしれない)

皆様も安くてイイお土産ありましたら、
是非に教えてくださいませ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
当ブログの育児漫画だけ読みたい方は(育児漫画)で、
育児絵日記だけ読みたい方は(育児絵日記)で、
PCデザイン右上のブログ内検索をかけると、該当記事のみを読む事ができます。

※上記記事は、ブログロンドンおさなご育成記から、たぬ様のご許可を得て、転載いたしました。
記事名:108円でイギリス人に大ウケした日本のお土産の話。
記事URL:https://ameblo.jp/uk-tanuki/entry-12210745999.html

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


→ロザリーのトップページを見る

The following two tabs change content below.
ブログ名:ロンドンおさなご育成記
https://ameblo.jp/uk-tanuki/
ブログ説明:しがないロンドン駐妻。
登場人物:
■ たぬ → わたし。英語大嫌い
■ イエティ → 夫。足がデカい日本人 
■ こた → 娘。

2015.2生まれ英語の勉強の為、文章が「ルー大柴状態(日本語文中に唐突に英単語が混じる)」になってますが、何卒ご了承ください。

関連記事

  1. 映画ピーターラビットのパンフレット

    映画ピーターラビットは子供も大人も大爆笑! これから観に行く人のためのグッズ情報やネタバレなしのあら…

  2. イギリスの公立中学校・高校(セカンダリースクール)について

  3. テロに遭遇してしまったら

  4. ハリー・ポッター・スタジオ(その1) ハリポタの魅力再発見

  5. CraftJin

    イギリスでクラフトジンが流行中!お試しに最適の宅配サービス「クラフト・ジン・クラブ」(Craft G…

  6. 知っておくと探しやすいヘア商品

  7. イギリスの大学院で勉強するってこういうこと 1

  8. イギリスの住宅物件事情

  9. 日本にピーターラビットの作者の家があるってホント?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP