バイリンガル家族の「今」を切り取る実体験エッセイ ~産前から2歳まで~

※画像はイメージです。

再びお会いできて嬉しいです。
初めての方、はじめまして。
イギリスでバイリンガル育児中のミドリです。

【ミドリ家の家族構成】

育児において、「親と子の会話が、子供の発育を促す」という説は、納得できます。
ですが、暴れん坊な我が子との会話は、日英両ヶ国語とも

「やめて!」「危ない!」「もう嫌〜!」

などの3つの言葉のみで繰り広げられることに気づきました。
バイリンガルで会話していても発育を促せている気がしません。

今回は、そのような我が家でも続けてこられたバイリンガル環境作り
「なんとか2ヶ国語でお友達が作れて、
中学生くらいになった時には日本語で漫画を読めるといいな〜計画」

0ー2歳児編

をお届けいたします。

子供がお腹にいた時


胎児に喋りかける等、一切無し!!
子供の誕生は楽しみにしていましたが、自分のお腹に向かって話しかけるのが、なんとなく恥ずかしすぎました。

お金持ちそうな人が集まるマタニティークラスに行ってみる。

「生まれる前から知り合っておけば、我が子が将来お金持ちで優秀なお子様方と学友になれるかも」
と下心丸出しで、少し無理をしました。

 

が、世界が違いすぎ、親しいママ友ができないまま終了。

マタニティークラスでは、ラマーズ法やオムツ替えの仕方など教わったけれど、そんなもんは別にこのクラスでなくても良かったですし。。。

ただ、講師の

という言葉は胸に刺さりました。
今でも付き合いが続いているママ友ができなかったので、本当に半分のカップルが離婚しているかが分からず、残念です。

まとめ

・マタニティークラスで習うことはあまり役に立たなく感じた
・ママ友も作りにくく感じた
・だが、妙なプレッシャーは感じた

0歳-1歳

【日本語環境】

長女出産後直後に、近所に同じ月齢のお子さんをお持ちの日本人ご家族を発見し、駅でナンパ。
そこから芋づる式に、近隣の日本人と知り合うことができ、定期的に集まりに参加させてもらう。
子供のためというよりは、私が日本語で話しまくることのできる、貴重な場。
第2子の誕生後も引き続き、お付き合いさせてもらう。

まとめ

・自分と同じような境遇の日本人家族を見つけて、知り合った。
・場所は、保育施設や学校ではなく、普通の駅。思い切って自分から話しかけた。
・一人の日本人の友達から、他の多くの在英日本人と接触する機会となった

【英語環境】

近所の教会や図書館で提供されている「子育てグループ」、「プレイグループ」や「音楽クラス」に参加。
「ベビーサイン」というものにも通ってみたけれど、7ヶ月当時の娘が脱走を繰り返した為、途中退会。

※プレイグループ
子供を遊ばせられる保育のための集まり。
未就学児が対象で、教会やコミュニティセンターのような公共施設で開かれることが多い。

まとめ

・教会や図書館で、保育のための様々な集まりがあり、利用した

1−2歳

【日本語環境】

相変わらず、子供と何を話したら良いか見当がつかなかった為、歌や俳句で誤魔化す。

例)
散歩中にアリ、鳩を見つける→「お使いアリさん」、「はとぽっぽ」
夕焼けの中を歩くときには「夕焼け小焼け」や「赤とんぼ」
公園の池の前では、もちろん「古池や、、、」

など、公共の場の迷惑も顧みず、熱唱。

大きなお子さんのいる友人が譲ってくれた「おかあさんといっしょ」「いないいないばあ」等、日本の名子供番組のDVDを多用。

まとめ

・まだ会話にはならない1-2歳児に一方的に話しかけるのは間が持たないので、歌や俳句を聴かせた。
・日本の子供向け番組で、文化や言葉を楽しむ。

【英語環境】

引き続き、「プレイグループ」活用。
ただ、こちらは大抵午前中の2時間ほどで終わる上、毎日ではない。
しかも市からの補助金が年々減ってきていて、活動回数が減らされているのを目の当たりにし、常時オープンの日本の児童館を羨ましく思う。
「音楽クラス」「ダンスクラス」など、幼児向けのクラスに通う。

まとめ

・0-1歳の時と同じく保育のための集会を継続利用。
・できれば毎日利用したかったが、集会の活動回数そのものが減少していた。

【就寝前に日英両方教育】

1歳前後からは

日本語の本:3冊以上(私担当)
英語の本:3冊以上(夫担当)

を読んで就寝準備。

「10歳までの読書量で、学力が決まる!!」
などの脅し文句に操られ、読み聞かせの時間を取っておりますが、
実際はただ単に寝付きが悪い我が子たち。

夫は、子供達をできるだけ早く眠りに着かせようと、お経のような読み方で音読しているものの、あまり効果がなく、
「今夜はどれだけ読めば解放されるのか。。。」
と、未だに毎晩恐怖です。

また、ソコソコの読書量だとは思いますが、
現在のところ、子供達の学力が優れているといったデータは出ておりません。

まとめ

・本好きな人間に育って欲しいので、ほぼ毎日読み聞かせ。
・夫婦で日英両方の本を就寝前に各3冊以上というルーティン

以上です。

書き出してみると、必死だった割には、やってる事の少なさに動揺を隠せない自分がいます。
ただこの時期は、幼子が少し言葉を発するだけでも親は感動できるので、子育ての黄金期と言えるのでしょうか。。。

読んでいただき、どうもありがとうございました!
次回は、子供達が小さかった頃、お気に入りだったり役に立ったDVDや本を具体的にご紹介させていただきます。

関連記事

  1. 欧州歌の祭典 ユーロビジョンソングコンテスト

  2. イギリスでの医療に関して(No2) イギリスの有料病院、治療について

  3. あなたが知らない英国留学の意外なメリット

  4. イギリス人が大好きな夏の休暇の過ごし方

  5. イギリス大学院での生活—キャンパス紹介1—

  6. イギリスのクリスマスのインテリア

    カントリーリビング・クリスマスフェアでクリスマスを素敵にするインテリアグッズを買おう!

  7. イギリスで日本のテレビを観る方法

  8. イギリスの縁起が悪い5つの迷信

  9. コッツウォルズでおススメの町 〜ウィンチカム〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP