注目の記事 PICK UP!

イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その1)

ガーデニングは英国の魂

イギリスといえばガーデニング、と、誰もが思い浮かぶと思いますが、今はマンションも多く、昔ほどは盛んではないのでは?と考える人もいるかもしれません。
しかし、実はイギリスにおけるガーデニング文化は、私たちが考えるよりはるかにぶ厚いもので、今でもシニア層はもちろん、若者たちも、ガーデニングに夢中になっているのです
家が都心のマンションであれば郊外にレンタル農園を借りたり、庭付き一戸建てのために、通勤に二時間半もかける人もざらにいるのが、イギリス人のガーデニングに対するすさまじさなのです。

今回は、イギリスで変わらぬ熱気を持っているガーデニングの特徴を知ることで、現地のイギリスと仲良くなれる!そんな秘訣をお教えします!

田舎の村祭りは苗の見本市

イギリスの田舎では、だいたい7~8月上旬ごろになると、「Village Fete」とよばれる村祭りを行います。
ここでは、いろいろな出し物や出店、チャリティーイベントなどが行われますので、現地イギリスの暮らしを知りたければ、ぜひこの頃に田舎町に繰り出してみてください。
そしてここに、今回のメインテーマであるガーデニング要素も、当然のごとく存在するのです。
それはズバリ、「苗のチャリティー」です!
P1010251
イギリスの田舎では、まずどこの家も庭がありますので、そこで育った植物の苗を出品して、その売り上げをチャリティーにまわすというのは、ごく一般的な習慣なのです。
そしてこの苗のチャリティー、さすがガーデニングの国というだけあり、お祭りのメインイベントといっても過言ではない人気ぶりなのです。
ここでめずらしい苗を手に入れ、知り合いのイギリス人にプレゼントしても喜ばれるのではないでしょうか
そこには、各家庭で育てられた種類も様々な植物の苗が見れますので、一般的なイギリス人がどのような植物を好むのかを知るいい機会ということで、ぜひ一度は足を運んでみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?
ガーデニングとは、これほどに根付き、人々が熱狂するものだということがお分かりいただけたでしょうか。

次回は、優雅な見た目とは裏腹な、意外にストイックにガーデニングと向き合うイギリス人の素顔に迫ります!

関連記事

  1. イギリスのデパートはどれも老舗だった!

  2. アメリカ英語とイギリス英語が思っていたよりも違って面白い!(その1)

  3. イギリスの住宅物件事情

  4. あなたの知らないイギリスが満載の永住申請テスト「Life In The UK Test」

  5. クリスマスまでカウントダウン!アドベントカレンダー

  6. イギリスでお家の売買の話

  7. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その2)

  8. 英語に自信がなくてもロンドンなら大丈夫!(?!)

  9. 知っていると役に立つ イギリスでのお金の単位、言い回し色々

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ソーシャル

最近の記事

PAGE TOP