アメリカ英語とイギリス英語が思っていたよりも違って面白い!(その2)

お並びください

最後に、役に立つであろう言葉、文章編です。
お店や博物館、カフェで使うと思いますが、「並んでいますか?」という表現。
これが違うんです!
アメリカでは、「Are you in line?」と言うので、ついその表現が染み付いてしまっている私が間違えて口にしてしまうと、「え?」という顔をされることがあります…
イギリス英語では、「Are you in the queue?」と言います。
「こちらからお並びください」という看板もこんな感じです。

同じ英語なのに吹き替えされている!

子供向けの番組も、イギリスとアメリカで吹き替えを変えているものが多いんですよ。言語は同じでも、いろいろな言い回しや発音が違うのでしょうね。
(余談ですが、子供向けの番組は、英語の聞き取りのいい勉強になっておススメです!)

これから暖かくなって、バスや地下鉄に乗ってお出かけするのが、ますます楽しい季節になってきますね。

バスや地下鉄のお話はまた次の機会に〜!

関連記事

  1. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その2)

  2. イギリス生活Part2 – イギリスの下仁田ネギは美味い

  3. イギリスに来たらやっぱり本場のアフタヌーンティーを楽しみたい!その2

  4. 子供の長期休暇の過ごし方 イギリス編

  5. イギリス式ゆるい運動会

  6. これで貴方も上流階級の仲間入り!?アフタヌーンティーのエチケットについて学ぼう!

  7. イギリスのレストラン・お作法集〜これをやったらアナタは立派なおのぼり旅行者?〜

  8. イギリスで病気になったら

  9. 外国人がイギリスで生活するために気をつけるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP