アメリカ英語とイギリス英語が思っていたよりも違って面白い!(その2)

お並びください

最後に、役に立つであろう言葉、文章編です。
お店や博物館、カフェで使うと思いますが、「並んでいますか?」という表現。
これが違うんです!
アメリカでは、「Are you in line?」と言うので、ついその表現が染み付いてしまっている私が間違えて口にしてしまうと、「え?」という顔をされることがあります…
イギリス英語では、「Are you in the queue?」と言います。
「こちらからお並びください」という看板もこんな感じです。

同じ英語なのに吹き替えされている!

子供向けの番組も、イギリスとアメリカで吹き替えを変えているものが多いんですよ。言語は同じでも、いろいろな言い回しや発音が違うのでしょうね。
(余談ですが、子供向けの番組は、英語の聞き取りのいい勉強になっておススメです!)

これから暖かくなって、バスや地下鉄に乗ってお出かけするのが、ますます楽しい季節になってきますね。

バスや地下鉄のお話はまた次の機会に〜!

関連記事

  1. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 16 イギリスはキノコ天国…

  2. クリスマスホームステイの流れ その1 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  3. 「仕事+住居+人脈」!イギリスでおススメの仕事「オーペア」とは?

  4. scottsとこしひかりの比較

    バイリンガル家族の「今」を切り取る実体験エッセイ ~自己紹介編~

  5. イギリスには衣替えがない理由

  6. イギリスのスーパーで売られている野菜

  7. あなたが知らない英国留学の意外なメリット

  8. イギリスでもブラックフライデー

  9. イギリスのスリ対策

    ロンドンに行く前に知っておきたい盗難防止のコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP