おいしい英国レシピ No.47 Lemon syllabub(レモンシラバブ)

今回ご紹介するのはレモンシラバブという、イギリスで16~19世紀にかけてとても流行った、ほんのり甘くてムース状の飲み物です。

現在ではデザートとして食べられています。
どんな飲み物(デザート)かと言えば、ミルクやクリームで作られており、ワインやサイダー、そして他の酸味を加えることにより凝固し、甘く風味づけられています。
主に、ホイップクリーム、ワインもしくはシェリー酒、砂糖とレモンで作られます。

このシラバブ、とても長い歴史があるのですが、18世紀にはデザートの出し方で特徴があったそうです。
お盆の上に並べて出され、しばしばゼリーが上にのせられていました。食事の最後に出され、リフレッシュメントとしての役割があったそうです。
見た目もリフレッシュメントかもしれませんね。

確かにこのシラバブがコースの最後に出されたら、ほんのり甘いクリームとレモンの酸味、そしてワインのアルコールで、気分良く食事が終わるかもしれません。
とても簡単なデザートなので、コースの最後に加えてみてはいかがでしょうか。
きっと素敵な一品になりますよ。

<材料>
200ml 生クリーム
35g グラニュー糖
35ml 白ワイン
1/2個分 レモン果汁
1個分 レモンの皮

1.ボールに生クリームと砂糖を入れて、8分立てにする

2.白ワイン、レモン果汁、削ったレモンの皮を入れて混ぜる
※お好みで、サブレと一緒にお召し上がり下さい

3.完成

【Kanako公式HP】

Food culture and society

※現在新HPへ移行中のため、上記リンクは繋がりません。
筆者kanako様のプロフィールとお問い合わせは下記リンクのページをご利用ください。


ロザリーのTOPページへ戻る

関連記事

  1. イギリス大学院での生活—キャンパス紹介2—

  2. イギリスのキッズ誕生日パーティー

  3. アメリカ英語とイギリス英語が思っていたよりも違って面白い!(その2)

  4. 結婚はイギリスでする? 日本でする?

  5. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 38話 新しい家に1日も住…

  6. イギリスの大学院で勉強するってこういうこと-2

  7. イギリスで日本のお酒ブームも

  8. 日本のフツーの小学生が「数学者」? 不思議なイギリスの算数教育事情(その1)

  9. 知っておくと探しやすいヘア商品

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP