イギリスのソーセージ

イギリスのソーセージを食べたことがありますか?

日本から来て初めて食べたイギリスのソーセージの感想は日本のと全く違う!!っていうことでした。
日本のはドイツ風のソーセージウィンナーで皮がパリッ、中の肉汁がじゅわが美味しいですよね。
イギリスのは皮も中もふにゃっ。
だから最初はやはり日本のソーセージが恋しかったし、ドイツに遊びに言った時に本場のソーセージは美味しいなーと思いました。

でも、何年もイギリスに住んでいるとイギリスのソーセージはそれはそれでまた美味しく感じるようになってきています。

イギリスのソーセージの種類

ソーセージといっても色々な種類があります。
トラディショナルなポークソーセージ:普通のソーセージ
ポークチポラタスソーセージ:細身のポークソーセージ。よくクリスマスの時にベーコンを巻いたりして食べたりもします
ポーク&アップルソーセージ:林檎入りのソーセージ
カンバーランドソーセージ:カンバーランド(現在カンブリア州)に起源にするソーセージで通常のソーセージより直径が大きくてつなぎ目をつくらないで渦巻き状のもの。最近は普通のソーセージ状のも多く出回っています。ハーブ入り
リンカンシャーソーセージ:リンカンシャー州に起源するソーセージでハーブでセージが使われているソーセージ
カクテルソーセージ:一口サイズのソーセージ。一口サイズなのでピクニックに持っていけます

あとはスーパーによっては牛肉入り、鶏肉ソーセージ、ブラックプディング入り、チョリソソーセージ入り、レッドオニオン入りなどなど。

ソーセージの売られているところでは色々なソーセージがあって目移りしてしまうくらいです。

ソーセージを使ったイギリスの家庭料理

イングリッシュブレックファースト(朝食)でも重要な存在だし、パブメニューでもソーセージ&マッシュ(もしくはバンガー&マッシュとも言われます)が定番メニューで必ずどこでもあり、グレービーソースたっぷりで美味しいです。
子供達も大好きなメニューの一つです。

家庭でも簡単に作れるソーセージ&マッシュ。我が家でもします。
玉ねぎたっぷりのグレービーソースに野菜を付け合わせたら立派なディナーになります。
簡単にできますが、ボリュームたっぷりで忙しい時のディナーにもってこいです。

色々なソーセージを食べ比べてもいいですね。
ちなみに我が家ではポーク&アップルやブラックプディング入りのソーセージが家族の中で人気です。

The following two tabs change content below.
メディ
ブログ「メディのイギリス暮らし」は2005年からはじまりました。 

主な登場人物は

メディ:料理、インテリアが大好き。最近は美容にも力を入れてて、ビーガンコスメを愛用中。

ダン:和食大好きイギリス人。自他共に認めるゲームオタク。最近マーシャルアーツ(武道)をはじめました。

ハナ:ゲーム、コスメ、YouTube大好き。ユナとデュオでYouTubeチャンネルも実はやってます。(まだ3個しかアップされてませんが)

ユナ:ユニコーン、ハローキティーとマインクラフトが大好き。

テディー:ブチャイク顔なおじいちゃん犬。20018年1月現在、15歳。

クマ:ギニピッグ(日本語ではモルモット)ハナのペットで、推定6歳。こちらもおじいちゃんです。

家族4人と2匹で仲良く北ヨークシャー州にあるハロゲートという町で暮らしています。
ホームステイで、語学学校生も受け入れしています。

関連記事

  1. ロンドンの小学校事情まとめ(その1)

  2. おいしい英国レシピ No.40 Apple crumble

  3. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 20 イギリス文化・習慣ま…

  4. ロンドンの男性はみんなイクメン!? ロンドン子育て事情

  5. おいしい英国レシピ No.50 Fat Rascals

  6. What Britain bought in 2017

    イギリスの年間トレンドは年末のTV番組で!「What Britain bought in 2017」…

  7. uk-bbc-simonhughes

    イギリス国営放送「BBC」の受信料徴収員がきて、180ポンドを請求された件について

  8. これであなたも英国紳士!?イギリスのジョーク集 その1

  9. おいしい英国レシピ No.42 Cumberland rum Nicky

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. イギリスの結婚式のイメージ
  2. イギリスの結婚式でのフラワーガール
  3. 松岡享子へインタビュー
  4. 映画ピーターラビットのパンフレット
  5. パディントン展の内部
PAGE TOP