おいしい英国レシピ No.53 Fig Sly Cakes(フィグスライケーキ)

今回ご紹介するケーキは、フィグスライケーキ。
Figはイチジク、Slyは秘密めいた、茶目っ気のあるなどの意味で、イチジクのちょっと秘密めいたケーキになります。

Slyの“秘密めいた”という言葉がとても気になりますよね。
いったいどんな秘密が隠されているのでしょうか。

まずは一つ目から見ていきましょう。
それは、中を開けてビックリ。
見た目はとてもシンプルで、何の変哲もないケーキです。
しかしケーキをカットすると、中にはイチジクやカレンツやサルタナのドライフルーツがぎっしりと詰まったとてもリッチなケーキになるのです。
サクサクの生地に、濃厚なドライフルーツ。
何となく想像できましたか。

そして二つ目。
サウスシールズ(South Shields)というイギリス東北部にある海岸にある町、アメリカの南北戦争、そしてスライケーキに秘密が隠されているのです。
時代は遡り19世紀の頃、Chishlomというスコットランド人の家族が、アメリカからサウスシールズへ引っ越し、波止場近くのThrift通りでベーカリーを経営していました。
娘のMargaretは一本先の通りに住むWilliam Whitfieldに恋をしてしまいました。
しかしMr.Chishlomはとても厳格な父で、常に娘のMargaretを監視していたそうです。
そこで、Margaretは父親に見つからないよう、Williamがお店を訪れた際には必ず、ケーキに秘密のラブレターを忍ばせていたそうです。
5年間続いた秘密のラブレターが実り、MargaretとWilliamは父に交際を許され、そして幸せな結婚をしました。
Williamに渡したケーキに秘密のラブレターが隠されていたことから、ケーキはSly Cakesと名付けられたそうです。

いつ来るかも分からない、恋する人のために手紙をしたため、そしてそっとケーキに忍ばせる。
ラインやメールなどで一瞬にしてやり取りができる現在、何とも心が和むストーリーですね。

それでは、レシピの紹介です。
外側はサクサク、中は濃厚でジューシーです。
ほとんど砂糖を使っておらず、ヘルシーなケーキになります。
生クリームを添えてお召し上がり下さい。

(材料:20㎝タルト型)
250g 薄力粉
125g 食塩不使用バター
40g グラニュー糖
適量 水

225g ドライイチジク(粗く刻む)
75g クルミ(粗く刻む)
50g カレンツ
50g レーズン
150ml 水
(2 Tbsp ラム酒)

少々 牛乳

1.薄力粉に1㎝角に切ったバターを加え、指先を使って混ぜ合わせ、パン粉状のボロボロの状態にする

2.グラニュー糖と水を加え手のひらでこねて、一つにまとめたらラップに包み、冷蔵庫で寝かせる

3.鍋に刻んだドライイチジクとクルミ、レーズン、カレンツと水を入れ、弱火で時々かき混ぜながら水気が無くなるまで煮る

※ラム酒を加える場合、水気がなくなりそうになったら入れて煮る

4.煮えたらよく冷まし、オーブンを170度に予熱する

5.生地を二等分し、その一つを綿棒で伸ばし型に敷く

6.冷ましたドライフルーツ類を型に入れ、平らにする

7.もう一方の生地を伸ばし、上にのせ、周りを指で押しながらカットする

8.刷毛で牛乳を上面に塗り、予熱した170度のオーブンで約40分焼く

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. コッツウォルズでおススメの町 〜ウィンチカム〜

  2. イギリスの縁起が悪い5つの迷信

  3. ブリクストン・ビレッジ

  4. イギリスの小学校新学期準備

  5. おいしい英国レシピ No.52 Porter Cake

  6. イギリスのホームステイで気をつけるべきこと 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  7. ノーベル文学賞受賞記念 カズオ・イシグロ原作 『日の名残り』特別上映 Bunkamuraル・シネマに…

  8. イギリスのお肉(その1)

  9. 新学期に向けて準備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP