日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 27話 湖水地方と3/11と

3月11日、という日は日本人の心に深く刻み込まれたものだろう。
東日本大震災があった日だ。
その日に私とマルコムは何をしていたかというと、日本からやってきた私の息子と3人で、湖水地方に山登りに出かけていた。

第1話はこちら
前回のお話はこちら

湖水地方は登山基地

湖水地方、といえば日本の観光客は「ピーターラビットの里」という印象が強いだろう。
確かに、ベアトリクス・ポターがピーターラビットを創り出した家は保存され、資料館として公開されているし、今にもピーターラビットが顔を出しそうな美しい田園風景が広がっている。
しかし、イギリス人にとっては湖水地方は「登山基地」というイメージの方が強いかもしれない
峰というには低すぎるが、丘というには高すぎる山並みが湖水地方には連なっている。
イングランドの「山脈」は、湖水地方(レイク・ディストリクト)と、もう少し北に広がる「ピーク・ディストリクト」というエリアが2大登山基地だ。

家族での湖水地方登山旅行

私の息子は転職をするので、まとまった休みが取れ、それを利用してイギリスにやってきた。
マルコムと3人で、B&Bに泊まりながら、気楽な旅行を楽しんでいた。
「湖水地方を歩く」と言ってはあったのだが、そこに「登山」のイメージを持っていなかった息子は軽装で、まだ雪が残る湖水地方の山を歩くのは危険だった。
高い頂きには登ることができなかったが、ウィンダミア周辺をウォーキングして、リラックスした休日を過ごしていた。

海外在住者の東日本大震災

そんな私達に飛び込んできた驚きのニュース。
大地震が日本を襲ったという。
だが、全く地震がないイギリスに住んでいると、大地震のニュースもなかなかピンとこない。
しかし時間を追って、地震の深刻な事態が聴こえてくる。
どうやら原子力発電所が爆発したらしい。
はっきりしない政府の発表に業を煮やしたか、フランスは特別機を日本に送り込み、在日フランス人の救出を開始した

愛国心とは

落ち着かなくなったのは我が息子である。
幸運にも核の汚染を免れた、と胸をなでおろす母を尻目に「早く帰国して、同志と共に日本の復興に尽力しなきゃ」というのである。
「せめて、核爆発の被害の程度がわかるまでこっちにいたら?」と懇願する母をスルーして、なんと1週間後には日本にさっさと帰ってしまった。
そういう息子の気持ちを、マルコムは「なんとなくわかる」と言った。

愛国心とはなんだろう?
日本人の絆とはなんだろう?

のちにマルコムを連れて、広島や沖縄の敗戦記録を見て回る機会を得たが、軍人でもない庶民たちが甚大な被害を被った記録を見ていると、愛国心と犬死は紙一重だな、と思う。
マルコムは、そこまで頑張ってしまう日本人に、同情と尊敬と痛ましさを感じたようだった。

つづく

関連記事

  1. イギリスの小学校のお友達との遊び方

  2. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 9 中産階級の家庭事情

  3. イギリスで風邪を引いたら何を飲む?

  4. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 8 イギリスの甘い歯

  5. クリスマスホリディホームステイに行こう!「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  6. recipebox

    マンネリ献立を解消!レシピボックスのサイトをイギリス在住主婦がご紹介!

  7. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 7 ビッグ・バースデー・パ…

  8. イギリスのデパートはどれも老舗だった!

  9. あなたの知らないイギリスが満載の永住申請テスト「Life In The UK Test」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP