注目の記事 PICK UP!

地元のフリーペーパーで大人気の「交際欄」

40代以下の男女には、LINEやスカイプなどのオンライン・コミュニケーションがすっかり定着しているが、まだ「紙の方がしっくりくる」という世代も少なくない。
イギリスの雑誌や新聞で人気なのが、「老いらくの恋」の相手探しコーナーだ。

地域のフリーペーパーでも、「オンラインデートは登録無料、今すぐトライしてみましょう」などとうたって、人気のコーナーになっている。

近所での出会い探しならフリーペーパーを活用しろ!

どんな国でも遠距離恋愛ではなく、近所の誰かと付き合った方が楽しい。
そんなことから、地元のフリーペーパーの出番となるわけだ。
フリーペーパーはタダだし、何も言わなくても自宅のポストに放り込んでもらえる。
そんな手軽さも受けているらしい。

出会い探しコーナーを使ったマネタイズ方法

相手探しコーナーは事前登録制。
登録は無料だが、ピンとくる相手が見つかって電話したくなった場合、コーナーを通じての通話は1分1ポンド55ペンスとかなりお高め。
版元にとっては広告料の代わりとして大きな財源になっているようだ。

具体的な広告文の例

コーナーは4つに分かれており、「ボーイフレンドを探す女性」(これが一番多い)、「ガールフレンドを探す男性」「同性愛(男女とも)」そして「お友達」。
日本とは文化が違い、皆さんとっても積極的だ。

「54歳のヘザーです。髪はブルネット。スリムで小柄。夕食などのデートに出かけられる、誠実で親切な男性を求めています」
「ステファニー55歳。スーパーセクシーな黒人女性。夜のデート希望。電話してちょうだい、後悔はさせないから。末長いお付き合いを希望します
「アンジェラ、魅力的な66歳の女性。自由で活気のあるレディよ。多趣味の男性、65歳以上の『本物の』男性求む
「あなたは60歳~70歳のGSOH(グッド・センス・オブ・ヒューモア)の持ち主で楽しいことを探してる? それなら私に電話して。私はリー、57歳のスリムで魅力的な女性よ。楽しいこと募集中

一方、男性も負けていない。

「魅力的な男性、髪の色は濃い目で茶色の瞳。5フィート5インチ。収入があり、自分のバンガローと車を持っている。旅行好き。田舎や海岸を歩くのが好き。近所の女性求む」
「独り者の2児の父。シングルマザー求む。適切な人間関係を築きたい。あなたからの連絡待ってます
「43歳のジェームズ。純粋で、ウイットに富み、前向きで親切です。好きなものは旅行、人との交わり、外食、そして私との相性がいい女性とたくさんたくさん笑うこと。純粋で親しみやすい女性を求めています」

男性の1割が同性愛、というイギリスのお国柄を反映してか、同性愛者の相手探しも盛んだ。
「ジョン、ハートはヤングな65歳。バイセクシュアル。似たようなタイプの男性との気軽な関係を求む。近隣住人希望。連絡は慎重にお願いします

「同性愛者男性。中肉中背。アウトドアや日曜大工が好き。スリムなゲイ男性で末長くお付き合いできる人求む

最後に「お友達コーナー」。
「女性。純粋で同性愛者ではない女友達を求む。日帰り旅行やランチ、お茶などのお供に」
40はまだ若いが、50になっても60になっても、強気なのはさすがにお国柄か。

どうしても「謙譲の美徳」で自分の長所を謙遜しがちな日本人。
歳を取っても自信を持って自分をアピールできたら、新たな出会いが待っているかもしれない。

The following two tabs change content below.

Emma Rosemary Watson

2005年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ、
Transnational Communication and Global Media修士課程終了。
以降、ロンドンにて日英コンテンツの発信を行う。
ロンドン在住中にイギリス人の夫と結婚、
イギリス流のライフスタイルのなかで暮らす。
現在、イギリス人の好むイギリスのカントリーサイドを歩くネイチャーウォークの楽しさを日本人にも知ってもらおうと活動中。

関連記事

  1. これであなたも英国紳士!?イギリスのジョーク集 その1

  2. イギリス流バーベキューで夏時間の夕方を楽しむ

  3. イギリスの祝日

  4. 日本のフツーの小学生が「数学者」? 不思議なイギリスの算数教育事情(その1)

  5. イギリスの小学校のお友達との遊び方

  6. 「本場」アフタヌーンティの意外な落とし穴

  7. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 26話 そして全てが始まっ…

  8. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 5 お家デートとマルコムの…

  9. ロンドンの小学校事情まとめ(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

PAGE TOP