これが「算数」!? 不思議なイギリスの算数教育事情(その2)

その1のつづきです。

イギリスの算数大会、その内容は?

転入当初から、算数だけは現地の小学校でトップクラスだったうちの娘。
学校代表に選ばれて、市の「マス・チャレンジ」という算数大会に出ることになりました。
日本ではフツーの成績だった娘が、本当にそんなものに出ていいのだろうか……と不安になりつつ会場におもむくと、そこでまたビックリの光景が。

使うのはレモンと新聞紙?

教室に所狭しと机が並べられ、緊張した顔の小学生たちが、合図とともに一斉にガリガリと問題を解き始める……なんて状況は、いっさい無かったのです。
受付にはジュースとクッキーが用意され、実にリラックスしたムード。
そして「各学校4人ずつで組んでください」と、まさかのチーム制。
そして配られたのは、なぜか古新聞とレモン

「今からこの新聞紙で、できるだけ高くタワーを作ってください。ただし、頂上にレモンが載るくらい頑丈であることが条件です」

「完成品を見て審査員が評価します。基準は、タワーの高さと頑丈さと、デザインです」

え、何これ図工の時間?

「算数」なのにデザインで評価?

意外過ぎる出題に、あっけにとられてしまいます。

DSC05802.1

その後はペーパーテストに移りましたが、そこでも数独(!)が出題されたり、とにかく日本でイメージされる「算数」とは全くかけ離れた内容。
また、一度に何種類かの問題が課されるので、各チームは臨機応変にそれぞれの役割分担を決めて、作業を進めて行かなくてはなりません。
初対面の相手もいる状況で、10歳そこそこの子供たちが、「私はこれやるからあなたはそれをやって」「それが終わったらこっちを手伝って」と、活発に声掛けしながら協力しあう様子は、見ていて感心させられました。

DSC05804.1

一方で、問題自体は、「日本で公文をやっているような子なら楽勝だろうなぁ……」というレベル。
日本とイギリスでは、そもそも子供に求められている内容が全く違うのだろう、と思わされます

「教育」は社会の鏡

個人個人の到達度を重要視する日本と、考えるプロセスや自律性を重視するイギリス。

その特徴は、それぞれの社会や歴史と結びついており、簡単にどちらが良い、悪いと言えるようなものではありません。
ただ、「教育」はその国を理解する重要なファクターなのだと改めて思いました。

この「マス・チャレンジ」、あなたは出てみたいと思いますか?

関連記事

  1. uk-bicycle

    イギリスに放置自転車がないワケ

  2. おいしい英国レシピ No.40 Apple crumble

  3. 結婚はイギリスでする? 日本でする?

  4. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 24話 さあ、南アフリカへ…

  5. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 18 はじめてのお泊り

  6. イギリス人と仲良くなりたければ「苗」をもって行け!(その1)

  7. あなたの旅が楽しくなる とっておきのイギリスの味Vol.1 イングリッシュ・ブレックファスト

  8. クリスマスまでカウントダウン!アドベントカレンダー

  9. TROPIC

    美容で自然を守るコスメ「TROPIC」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP