「本場」アフタヌーンティの意外な落とし穴

本場の英国アフタヌーンティを楽しもう!

……イギリス旅行でよく見かける人気のツアープランですね。
紅茶はイギリス土産の定番ですし、ロンドンのホテルは、アフタヌーンティに訪れる観光客でいっぱい。

しかし「本場の紅茶」に期待しすぎると、そこには意外な落とし穴があったりします。

基本はティーバッグ!

実は、イギリスで飲むお茶はほとんどが「ティーバッグ」
お店でも例外ではありません。

三段トレイと一緒に銀製ティーポットで出てくる紅茶も、中をのぞけばティーバッグだったりするのです……。
私の経験した範囲で言えば、ロンドンの高級ホテルのお値段数十ポンドのアフタヌーンティも、湖水地方のティーサロンも、ローカル都市のクリームティも、ほぼ全てがティーバッグの紅茶でした。
茶葉から淹れた紅茶に出会ったのは、2~3回程度でしょうか?
その場合は「うちはティーバッグ不使用です!」と大きく宣伝していましたが、逆に言うと、普通に出会う紅茶は全てティーバッグ使用だと思った方がいいでしょう

気になるアフタヌーンティーのお値段は、場所場所によってまちまちですが、25~40ポンドくらいです。
ケンジントン宮殿隣のオランジュリーのアフタヌーンティーが26ポンドほど、リッツカールトンホテルが42ポンドほどでした(注:あくまで当時の価格です)。

なお、記事の写真は、デヴォン南部の小さい村にあるビーチ沿いの紅茶専門店のクリームティーで、紅茶とスコーンで5.2ポンドでした。

日本人はビックリ、紅茶大国は「ティーバッグ大国」

えー、ティーバッグなの……と、ちょっと肩すかしな気分になりませんか?(私はなりました!)
調べてみると、「紅茶大国」イギリスで飲まれる紅茶の、実に96%がティーバッグなのだとか
同調査でアメリカのティーバッグ率は90%ですから、何とそれよりも高いんですよ!

日本はというと、緑茶を急須で淹れて飲む人が9割にのぼるそうです。
「えっ、茶葉から淹れてくれないの?」と意外に思う人が多いのも、当然かもしれません。
そもそも日本で、「うちの緑茶はティーバッグ不使用です」というのが売り文句になるか?と考えると……やはり、手抜きの感はまぬがれませんよね。

イギリス人の気質にあってしまったティーバッグ

イギリスでティーバッグがここまで爆発的に広まったのは、第二次世界大戦の後だとか
アメリカからやってきた発明品が、イギリスの紅茶スタイルを完全に変えてしまったんですね。
元のアメリカを追い越す勢いでティーバッグに流れてしまったのは、飲食に手を抜きがちなイギリス人気質の反映なのか
今や、イギリスで1年に消費されるティーバッグは550億個にもなるそうです

そんなわけで、イギリスで紅茶を楽しむ時には、「基本的にティーバッグ」だと思ってください!
もし、「ぜひ茶葉から淹れた紅茶が飲みたい!」という場合は、事前に念入りにチェックするか……いっそ日本のティーサロンの方が確実かもしれません

関連記事

  1. あなたの旅が楽しくなる とっておきのイギリスの味Vol.2 クリームティー

  2. おいしい英国レシピ No.45 Easter biscuits(イースタービスケット)

  3. イギリスのお肉(その1)

  4. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 11 老紳士と老猫

  5. テレビ受信料、支払いは義務?(その2)

  6. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 19 老紳士シェフ・マルコ…

  7. イギリスの小学校新学期準備

  8. イギリス式断捨離の仕方

  9. 知っていると役に立つ イギリスでのお金の単位、言い回し色々

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP