イギリスで聞いた「くまのプーさん」誕生秘話

みなさん、熊のプーさんは、イギリスで生まれた作品だということはご存知でしょうか?

プーさん誕生秘話や各種エピソードについては、すでに色々な情報がありますので、今回はイギリスで見聞きした、プーさんに関するトリビアをご紹介します。

正確な情報ではないこともありますので、あくまでこんな話もある、という感じでお読みください!
※熊のプーさんのあらすじはこちらを参照ください

農場でバカンスを過ごすのがイギリス的ステータス

裕福なイギリス人は、農場を買い、休みの日には一家でそこに行き、畑仕事をしたり、乗馬したりするのが娯楽でした。

プーさんの作者であるA.A.ミルンも同じく、ロンドン近郊の町イーストグリーンステッドからほど近くにある、ハートフィールドという避暑地にあるコッチフォード・ファームという農場を購入し、家族で休みを過ごしました。
プーさんは、この農場で息子(クリストファー・ロビン)を寝かしつけるため、息子のお気に入りのテディベアを使って、息子を主人公にして話を作ったことから生まれたということです

ミルン作品はぜひ原文を!

ミルンは、ケンブリッジ大学トリニティカレッジ卒で、学生のころからの作家志望ということから素質がうかがえますが、実際の彼の文章を読むと、文才が豊かであることがわかります。日本でもよく言われる「行間」があり、そこに多くのことが含まれており、とても深いのです。

子供向けの本ですからそれほど難しくもないので、ぜひ勉強の教材としても読んでみてください!

子供目線でつけられたキャラクターの名前

プーさんの名前の由来については、原作『くまのプーさん』の中では、鼻の上にいるハエを吹き飛ばすためにプーと吹くからではないか、と書かれていますが、他にも、息子が可愛がっていた白鳥の名前からきているなど、諸説あるようです。

そんな中でイギリスで聞いたのは、くまの名前をどうしようか悩んで、「うんち」を意味する「プー」とつけたら息子に受けたから、という話もあるようです(笑)
子供向けの本なので、子供がおもしろがるかどうかで決めたというのは、なんとなく説得力がありますね。

また、ロバのイーヨーについては、ロバの鳴き声から名前をとったという話や、タイガーのティガーは、子供が「タイガー」と発音するときに、よく「ティガー」といってしまう所からとったなど、あくまで子供目線での名前付けをしていたというのです。

本当のところはいまのところ不明ですが、元々は息子を寝かしつけるために作ったお話ということで、子供がなるべく共感できるように心配った作品であるというのは、心があたたかくなるエピソードではないでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. イギリスでよそ様のお庭を自由に歩く方法(その2)

  2. イギリス全国ダーツの旅(仮)第5回 歴史と最先端が濃縮された町Methven(メスベン)

  3. イギリスの学校に留学しようと思ったら(ロザリーまとめ)

  4. イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow To 5(その1)

  5. ハリー・ポッター・スタジオ(その2) ツアーに頼らない!個人での入場予約方法

  6. スコットランドと夏目漱石の意外な関係

  7. イギリスのバカンス 森の中で長期休暇をとる過ごし方

  8. イギリスの古城で結婚式を挙げる方法 その1

  9. 蒸気機関車に乗ってきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP