日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 8 イギリスの甘い歯

〜イギリス人は甘党ぞろい?〜

褒めるところがなければ包み紙を褒めろ!

息子たちとの初めての対面はおおむねうまくいったようだ。

あとからマルコムに、息子たちが私のことを「虫も殺さないような人だね」といった、と聞いた。

第1話はこちら

これには説明が必要だろう。
日本語で「虫も殺さない」と言えば、そのあとには否定的な言葉がつく。
つまり「虫も殺さないような顔をして、恐ろしいことをやる女だ」という流れだ。
だが、英語の表現の場合は後半はない。
虫も殺さない女性は、たおやかで優しい女性なのだ。
つまり私は誉めてもらえたというわけだ

お世辞かどうかは別として、合格点をもらったことにしよう。
やれやれ。

実際、イギリス人はお世辞がうまい。
とにかく相手を誉める
着ているもの、持っているもの、もらったプレゼント、出された料理、なんでもかんでも誉める。
手当たり次第、誉める。
誉めるものがなかったら、包み紙でも誉める

誉められて悪い気はしないので、日本に戻ったときでも私は相手を誉めるようにしている。
誉めることは相手を観察することにもつながるので、一石二鳥なのだ。

1本の歯で甘さを楽しむ!?

さて、息子たちがどれだけ父の誕生日に支払ったかはわからないが、レストランで出た料理はイギリスのフュージョンなディッシュだった。
デザートも暖かいものだった。
イギリスのデザートは暖かく供されるものが多いのが特徴だ。
とても甘くてほかほかのデザートをふーふーいって食べる。

イギリス人は概して「sweet tooth」である。
sweet toothは、直訳すると「甘い歯」だが、意味は「甘党」のこと
面白いのが、toothが単数であること。
甘さを楽しむには1本の歯では足りないではないか

マルコムに「なぜsweet teethではないの?」と聞くと、まじめな彼は考え込んでしまったものだ。
あまり突っ込むと、「君のいうことはもっともだ。これは本来、sweet teethというのが正しい」と私に勝敗をあげて、話を終わらせていた

ジョージ6世統治時代からきた難敵

息子たちとの対面は無事終わったが、マルコムの継母ペギーの場合は少々やっかいだった(らしい)。

なにせ当時86歳で、エリザベス女王の父、ジョージ6世の統治時代から生きている、戦前派の老婦人だ。
信仰が厚く、毎週教会の礼拝は欠かさない。
私のような東洋人をストレートに紹介すべきかどうか、マルコムは大いに迷ったらしい。

その結果、ペギーの誕生日のお茶会で、どさくさにまぎれて私を紹介しようと決めたのだった。

私はその日、いわれた時間に、エセックス州のブレント・ウッド駅に降り立った。

ことの次第をあまりよく理解しないままに

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. イギリス大使館の味を堪能&父の日のプレゼント探しに「GREAT British Food Marke…

  2. イギリスの浮世絵展示会

    【会話に使える日本の話題】海外で紹介したい日本のアート作品 浮世絵編

  3. バイリンガル家族の「今」を切り取る実体験エッセイ ~2-3歳まで~

  4. オフピーク中の週末コテージのすすめ

  5. おいしい英国レシピ No.55 Osborne Pudding

  6. ケンジントン宮殿:パレスでコスプレ編

  7. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 14 プラムの梅干し作り

  8. クリスマスホームステイの流れ その2 「ロザリー×アサヒトラベルインターナショナル」

  9. 「仕事+住居+人脈」!イギリスでおススメの仕事「オーペア」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP