イギリス人の同僚とのコミュニケーション方法

パブは間違いなくイギリスの魅力的な文化だが、パブで酔いつぶれているイギリス人を見たことがない
「イッキ、イッキ」的なノリのコンパで盛り上がっている若者たちを見ることもない。

仕事帰りに立寄りはするが、ワンパイントだけあおると、さっさと帰路につくイギリスのサラリーマンは多い。
日本では飲みニケーションとまでいわれ、大切な情報交換の場となっている「酒の席」。
イギリスには存在しないのだろうか?

家庭的な男がかっこいいという価値観

これは、「何がかっこいいか」という価値観の相違が大きいと思う

日本は「仕事命」みたいな、仕事第一主義がまだかっこいいとされる。
仕事ができる男がモテる国なのだ。

しかし、イギリスは違う。

家庭第一主義、マイホーム・マンがモテるお国柄なのだ
だから仕事が終わると、ほとんど脱兎のごとく帰宅して、妻とDIYや芝刈りを楽しむのが、かっこいいとされる。
だから、むしろやりたくなくても家のことをやる、という見栄を張るケースもあるようだ

飲みニュケーションではなくパーティーで情報交換?

とはいえ、ビジネスマンにとっては情報交換は欠かせない。
どこでやるのか?

そこで重要な役目を果たしているのがホームパーティーだ

週末に、夏なら庭でBBQをほおばりながら、寒い季節なら暖炉を囲んで、もちろん家族単位か、夜なら夫婦単位で、同僚や部下などを招待する。
招待されたら、いい年をした男が決してひとりで行ってはいけない
恋人でもいいから同伴で出かけて欲しい。
たとえ喧嘩が絶えない夫婦であろうとも、ニコニコと笑いながらふたりで寄り添って登場する。

そしてパーティーが始まったら、妻同士で話している間に男たちはブランデーやワインを片手に、男同士の話をするというわけだ。

イギリスでのスマートな手土産

イギリス人にとって夫婦やカップルは、社会的な単位だ。
どこかに招待されたら、まったくの独り者でもない限り、自分だけで出かけるのはタブーである。

手みやげは日本のように仰々しいのは、ダサい
その家の主婦に、花束とワイン、というのが一番無難な手みやげだ。

パーティーの主役はバーベキュー

さて、季節ごとにと書いたが、やはり一番のパーティーの華は夏に芝生の庭で行うBBQ(バーベキュー)パーティーだろう。

日本のべたつく夏と違って、からりとしたイギリスの夏は、気温が上がっても木陰に入れば上着が欲しくなるほど涼しい。
ヤブ蚊や大型のゴキブリは、北限を過ぎているのでイギリスには存在しない(ついでに蝉もなしだ)。
なので、蚊取り線香の煙にむせぶことなく、快適なBBQが楽しめるというわけだ。

知っておきたいバーベキューでの過ごし方

BBQに特別なルールはないけれど、庭に招待客がたむろしていたら、思い切って知らない客に話しかけるだけの度胸が欲しいところだ

ところが、筆者はそれとは知らずに「ゲイパーティー」に招待され、年の離れた仲よしカップルに、もう少しで「いい息子さんをお持ちですね」と言いそうになって、カップルであることがあとで判明し、冷や汗をかいた経験がある。

まずその場の空気を読むことが大切だと悟った次第。

ちなみにイギリス人男性の10パーセントはゲイであることをお忘れなく。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. イギリス生活Part1 – イギリスの飯は不味いのか?

  2. 借りている家の洗濯機が壊れた… どうしよう?

  3. uk-recipe-dropscones

    おいしい英国レシピ No.20ドロップ・スコーン(Drop scones)

  4. bank-account

    チップはどこまで必要か?

  5. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 24話 さあ、南アフリカへ…

  6. イギリスで日本のお酒ブームも

  7. イギリスに持って来てよかった意外なもの

  8. イギリスの縁起が悪い5つの迷信

  9. イギリス国内から国際線に乗る際に気をつけるべきポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP