イギリスで銀行口座を開く方法

bank-account

こんにちは、おつみんです。

よく海外はカード文化が発達していると言われますが、イギリスも例外ではなく、コーヒー一杯でもカードで支払うのが一般的です。
多額のお金を持ち歩く必要もなく、財布がかさばることもありませんし支払いもスマートに済ませられるので、イギリスで生活するならば日常的に使用できるカードがあるととても便利です

しかし、日本で発行されたカードを使うとレートによって引き落とし金額が変わったり手数料がかかったりしてしますので、経済的とは言えません
なので、もし長期滞在を予定している場合には、イギリスで銀行口座を開いた方が便利だと思います。

学生向けのアカウント(銀行口座)がある

では、どのようにして銀行口座を開けばいいのでしょうか。

イギリスにはいわゆるメガバンクが5社ほどあり、
どこも、学生アカウント(アカウントとは銀行口座のこと)といって、学生向けのプランがあります

口座開設は無料で、まとまったお金を貯金しておくためのアカウントと、
(saving account と言われることが多いです)
日常的にお金を使うためのアカウントの二つの口座を開設でき、
(everyday accountなどと言われます)
二者間でのお金の移動はオンラインで即時無料で行えるというものです。

バンクカードの他にデビットカードを発行してもらえるので、
普段の買い物にはこのデビットカードが大活躍します

アカウントの開き方

まずは通っている学校に問い合わせて、銀行口座開設の紹介状を発行してもらいましょう
大抵どの学校も、メガバンクのうちの一つと提携していて
インターナショナルスチューデントにはその銀行をお勧めしてくれます

紙で発行してもらった場合はそれを持って、口座を開きたい銀行の最寄の支店まで行き、口座開設の手続きの予約を取ります。
オンラインでこのステップまで済ませられる場合もあります。

アカウント解説に必要なもの

そして、予約の日になったら、以下のものを持って銀行に向かいましょう。

・身分証明書(パスポート)
・イギリスでの住所を証明する公的書類(電気、ガス代の請求書や家を借りた時の契約書、携帯電話代の請求書など)
・在学証明書(入学許可証や学生証など)

この3つの書類さえあればあとは必要事項をフォームに記入するだけで、銀行員の方があっという間に口座を開設してくれます。
口座開設の証明書とカード(バンクカードとデビットカード)は一週間くらいで郵送されます。

イギリスでは最近コンタクトレス・ペイメントと言って、
小額の取引なら暗唱番号やサイン無しで、カードリーダーにタッチするだけで買い物ができるというシステムが主流になっているほどカード文化が浸透しています。

特に学生の場合は口座開設にお金も掛かりませんし、イギリスでの生活が格段にスムーズになること間違い無しなので、ぜひ銀行口座を開いてみてはいかがでしょうか。




ロザリーのTOPページへ戻る

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. ロンドンの小学校事情まとめ(その1)

  2. ロザリー新春 | 読者プレゼントキャンペーン(締切1/15まで)

  3. イギリスのカリスマ主婦“Mrs. Beeton”

  4. キャッシュカードが吸い込まれる!?

  5. ASDA(アスダ 大手スーパー)パトロール① 〜生活編〜

  6. これが「算数」!? 不思議なイギリスの算数教育事情(その2)

  7. イギリスの学校に進学しよう!知っておきたい出願のHow To 4

  8. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 5 お家デートとマルコムの…

  9. イギリスの大学院で勉強するってこういうこと 1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

最近の記事

  1. イギリスの結婚式のイメージ
  2. イギリスの結婚式でのフラワーガール
  3. 松岡享子へインタビュー
  4. 映画ピーターラビットのパンフレット
  5. パディントン展の内部
PAGE TOP