イギリスでコンサートに行く方法

イギリスに旅行中に運良く大物アーティストのコンサートが開催されているかもしれません。
もし、旅行計画(1年から半年前)から始める際に、ちょこっとどんなアーティストがイギリスでツアーをしてるか、もしくはコンサートをするかと調べてみたら、もしかしたら滞在中にコンサートへ行けるかもしれませんね。

ロンドンでは何かしらコンサートが開かれていますし、地方都市へ足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。

ロンドン以外だとバーミンガム、マンチェスターなどが必ずツアーだと含まれてることが多いです。
また小さめのライブハウスみたいなところでも行われたりするので、何かしら滞在中に開かれていると思います。

チケットは主にインターネット販売が主流

もし気になるアーティストがいるなら常にサイトでチェックしてみる事をお勧めします
だいたいファンに先にお知らせするような形で先行発売がされてから一般に発売という形が多かったりします。

チケットの購入はアーティストのサイトから発売されてるサイトへ行くかイギリスで大きいチケット販売サイトをチェックするかです。
大物アーティストの場合だと発売日にすぐに完売になってしまう事があるので、発売日の発売時間(イギリス時間)に合わせて購入サイトへ行く事をお勧めです。
同じようにみんなそのサイトへ行くのでサイトがパンクしてしまうという事もありうるんですが、発売時間前からサイトをチェックしててその時間になると購入できるボタンが現れるので購入手続きへ進めます。
発売日にチケットを購入できたら割といい席が確保できたりもします。

イギリスでの主なチケット販売サイト

コンサートだけではなくて色々なチケットが発売されています。
ミュージカルを観にいきたい、スポーツ観戦(サッカーやラグビー)など行きたいという方にもこれらのサイトをチェックしてみるといいでしょう。

・ticketmaster (http://www.ticketmaster.co.uk/section/concerts)
・see (http://www.seetickets.com)

他にも調べたら色々ネット販売のチケットが出てきますが、我が家ではほぼこちらのサイトを使ってます。
チケットの販売は半年前以上だったりする事もしますが、コンサートの直前になるまでチケットは郵送されなかったりします
それが普通なので購入しても全然チケットが送られてこないなと思っても心配無用です。

国際郵送もしてくれるところがあると思いますが、現地のチケットオフィスで当日にチケットを受け取るという方法もあります。

イギリスでは撮影は普通

私は日本でコンサートは行った事がないのですが、撮影不可という事を聞いた事があります。
イギリスではコンサートでは普通にカメラ持参可。
普通にアーティストの写真を撮る事ができます

携帯で録画したりも。入り口で荷物検査でカメラをバッグに入れていても何も言われた事がありません。
あとはコンサート会場では普通にアルコール販売もしています。

コンサートに行くメリット

大物アーティストのコンサートでは前座のサポーティングアクトが知られている人だったりもするのでコンサートが2倍楽しめたりします

パフォーマンスとの合間のトークも英語で本場の英語が学べるし、アーティストがどういう人かどういう風にこの曲を作ったかという秘話もでてきたりします。

イギリスにおける日本人アーティストの評価

ちなみに逆に日本人アーティストがこちらでコンサートを行ったりする場合もあるのです。
日本のアーティストがこちらでだんだんと有名になってきています
若い世代だとBABYMETALとかPerfumeとからしいです。
あとはX Japanも。
また日本の文化の歌舞伎や太鼓のパフォーマンスなどもロンドンで行われたりしてるようです。

という事でX Japanのロンドンのウェンブリーアリーナのコンサートへ夫婦で行って来ました。
最初にドキュメンタリー映画があり、そのあとに3時間半のコンサートでした。

どういう客層なんだろう?と思いながらでしたが、日本人もいましたが、ヨーロッパのファンも結構いましたよ
日本人アーティストであれだけの大きなコンサート会場でできるのって凄いなと思いました。

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



関連記事

  1. 日本とイギリスのクリスマスの違い

  2. イギリスのカリスマ主婦“Mrs. Beeton”

  3. 地元のフリーペーパーで大人気の「交際欄」

  4. イギリスでの硬水対策【ヘアケア編】-硬水はお肌、髪の毛に悪いの?-

  5. イギリスで見つかる和食なもの

  6. イギリスに来たらやっぱり本場のアフタヌーンティーを楽しみたい!その1

  7. イギリスのお肉(その1)

  8. イギリスの祝日

  9. uk-bbc-simonhughes

    イギリス国営放送「BBC」の受信料徴収員がきて、180ポンドを請求された件について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP