イギリスはチャリティー大国

日本でも24時間テレビなどでチャリティー活動のテレビが行われていますよね。
イギリスでは1つだけのテレビイベントではなくて色々なチャリティーイベントが行われています。

主な年間行事化している大きなチャリティーイベントは、コミックリリーフとしてレッド・ノーズデイとスポーツリリーフがあったり、チルドレン・イン・ニーズなどがありとても有名です。

レッド・ノーズ・デイ

その中でレッドノーズ・ディというのが3月24日あったので、少し紹介します。

もともとはコミックリリーフというチャリティーイベントが1985年からはじまりました。
人を笑わせながら楽しませて募金活動をしてUKやアフリカの人たちの為に使うというもの。
それが年間行事になり、1988年に初めてレッドノーズ・デイがはじまりました。
コメディアンのレニー・ヘンリーとそのグループメンバーがエチオピアでレッドノーズをしたそうです。

1000億円以上が集まる巨大チャリティイベント

赤い鼻をつけるっていう発想がまず面白いですよね。
そして150人もの有名人やコメディアンも賛同して、なんと3千万人ものBBCテレビ視聴者で15ミリオンポンド(今のポンドのレートで20億円なので当時にしたらもっと価値が高いと思います)の募金が集まったそうです

でも実は募金額は年々上がっていて、2015年のレッドノーズ・デイでは1ビリオンポンド、1千3百億円!!もの募金が集まりました。

学校行事としても定着

それから毎年のチャリティーイベントで定着しています。
そして、テレビだけではなくて地域、学校や会社などの団体でもチャリティーで募金を集めてというのが普通に行われています

子供達の学校でも今年の24日の金曜日にはチャリティーイベントの一貫でパジャマで学校へ行くそうです。
またはケーキ販売(親が作って行って、校庭で売る)が出たりしてその学校で募金活動をしてから団体に寄付します。

レッドノーズのいろいろ

レッドノーズは購入できて、1ポンドで売られています。
毎回デザインが変わってて、今年のはこんな感じのノーズでした。
他にも8種類の違うデザインがあるそうです。

1ポンドで購入したらそのうちの60ペンスは募金の方にまわすそうなので、自然と募金活動ができるシステムです。
また、1つだけスペシャルなノーズがあって、フランケンシュタインのは900分の1の確率であるとか。
見つけたら中にコードがあるそうで、特権でなにかスペシャルなことがあるそうです

スーパーのセインズベリーズがこれらの商品を開発などしていて、セインズベリーズでもこれらの商品が購入できます。

ちなみに、これらのノーズの後ろ側はこんな感じで、鼻に挟むようになっています。

そしてこれらのレッドノーズのチャリティーイベントはグローバル化していて、アメリカ、中国、ベルギー、フィンランド、ドイツ、アイスランドでも行われているそうです

今回はレッドノーズデイですが、年に数回チャリティーイベントがあり毎回すごい募金額が集まります。
イギリスはジェネラス(気前がいい)国民だなと毎回感心します。

◆ブログやってます◆
メディのイギリス暮らし



関連記事

  1. イギリスの編み物の祭典, Yarndale 2017 に行ってきました。

  2. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 41話 マルコム、とうとう…

  3. おいしい英国レシピ No.37 Mincemeat

  4. イギリスの道路

  5. イギリスのデパートはどれも老舗だった!

  6. ミュージカルの楽しみ方とマナー

  7. テレビ受信料、支払いは義務?(その1)

  8. ロンドン発祥の本格的な博多ラーメン屋、マンチェスターに開店!お値段高め、中国人に大人気

  9. イギリスでコンサートに行く方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP