イギリスで見つかる和食なもの

イギリスの食文化がだいぶ変わってきたと思います。
特にアジア系の食べ物が受け入れられてきているということが実感します。
もともと、ロンドンなどには日本人が多く住んでいるので日系スーパーマーケットがありました。
なのでロンドンに行くたびになかなか普段手に入らない食品を買って帰ってきたり、日本から親に頼んで調味料など送ってもらったりもしていました。

地元のスーパーにわさび味のチップスが登場

ここ数年でハロゲートのスーパーでさえアジアの食べ物を扱うコーナーもあって、日本のものや韓国のものが置いてあったりします。

イギリスでポテトチップスはクリスプスと言いますが、味に変化が出てきました。
私がイギリスに来た頃にはまだ味に冒険はなくて、シンプルな塩味、チーズ&オニオン、ソルト&ビネガーとかでした。
でも、ここ最近は辛いものも種類が色々でてきています。

わさび味はわさびピーが数年前から少しずつでてきてて、知る人ぞ知る味でしたが、とうとうクリスプスまでわさび味が登場しました。

あとを引く美味しさで我が家では最近リピートしています。

日本と変わらない冷凍餃子もある

そしてつい最近冷凍で発見したのは餃子!

写真だけではわからないからと実際に購入して作ってみました。

冷凍のをそのまま熱くしたフライパンに並べて焼いていきます。
作り方には書いていなかったのですが、餃子を作るようにお水を入れて蓋をして蒸し焼きにもしてみました。(作り方としてはレンジでチンするやり方が手早くできる方法でした)

夕食として出しました。
家族も日本の餃子(冷凍)のと変わらない!!って言ってました。
味はこれは野菜餃子ですが、エビ餃子もあったので次回にそちらをためしてみようと思います。

Amazonでお米を定期購入

あと、最近我が家で始めたのはお米の定期便。
お米は中華食材屋さんで買ったり、普通のスーパーで500gでスシライスとして出てるのを買ったりしていましたが、アマゾンでお米を1ヶ月に1回の割合で5kgを宅配にしてもらうようにしました。
これがかなり便利です。
1ヶ月に1回だと消費できないかも?と思ったので(そこまで毎日ご飯は食べていないので)、2ヶ月に1回にしたりしましたが、1ヶ月に一回が我が家にはちょうどいいみたいです。

イギリス国内で事足りるようになった和食材事情

あとはカレーのルーも売られてるし、パン粉などもパンコとして売られていたりします。
セインズベリーズのスーパーでは店内にお寿司を作ってるコーナーまで設置されてお寿司が売られていたりもします。(ただし、そのお寿司がどこまで回転がいいのかわからないので我が家ではまだ購入したことはありませんが)

普通に購入でいるようになってきているのでそこまでロンドンに行ったら買わなければとか日本から送ってもらわなければということがなくなりました。
こうしてイギリスでジャパニーズが浸透してきているのでイギリス生活していると便利です。

関連記事

  1. おいしい英国レシピ No.53 Fig Sly Cakes(フィグスライケーキ)

  2. イギリスの小学校のお友達との遊び方

  3. ウェールズのアベリストウィス大学のオールドカレッジ外観

    【イギリスを支えた偉人たち】アベリストウィス大学に集まった市民の力と愛されたリーダー「デイビッド一族…

  4. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 28話 メイおばさんのこと…

  5. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 35話 マルコムの病気② …

  6. イギリス大学院での生活—キャンパス紹介2—

  7. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 16 イギリスはキノコ天国…

  8. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 41話 マルコム、とうとう…

  9. 日本にピーターラビットの作者の家があるってホント?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP