窓もどき!天下の悪法、窓税が作り出したへんてこりんな建物の数々 バース 10

バース Bath に限らず、イギリスの古い町に行かれたことのある方は、お気づきかもしれません。

古い建築物のふさがれた窓が実に多いんです。

イギリスでは、昔、窓の数に応じて、税金を毎年徴収されたらしいのです。
天下の悪法「窓税 Window Tax」です。
実は このことは意外とたくさんのイギリス人にしられています。

家に帰ってきてから、調べました。
1696年、国王ウィリアム三世の時代の議会で制定されたこの法律、1851年に廃止されるまで155年間も施行され続けたそうです。
あれ、私が何人かのイギリス人に聞いた話と違う!

たいていの物知りのイギリス人は「ナポレオン戦争だかクリミア戦争だかで、戦費ねん出のために窓に課税されることになったため、多くの窓がふさがれた」と思っているらしいのですが、どうやらかんちがいしているみたいですよ。

だって、多くのイギリスの古い町に残っている、「窓がふさがれたあと」のある古い建築物は 窓税が制定された、1696年より後に建てられていますから。

バースでたくさん見かけた、この現象はどう説明する?

極端な例。

うちの夫は、「これらは窓税とは関係なさそうだぞ。」と決めつけました。

そばによって、いくつかよく見てみましたが、夫の言う通り、税金逃れのために後からふさがれたわけではなく、最初からわざわざ開いてない窓を外壁につけて、建てたみたいなんです。

たしかに、プライバシーとか、壁際に家具を配置するうえで厄介だとかいろいろ、大きな窓がいっぱいあったら、こまることがありそうです。
でも、のっぺらぼうの外壁は見栄えがわるい(?)ので、美観を考慮してわざわざ開いてない窓「窓もどき」を配置したのだろう、ということに(勝手に)結論付けました。

でもやっぱり、ヘン・・・ほんとにそうでしょうか?納得いきません。

調べて納得!

バースの「謎の窓もどき症候群」は、やっぱり その時代の「窓税逃れの好例」だそうです!
ふさいだんじゃなくて、最初から、窓の少ない建物をわざわざたてたみたいですよ。(みみっちい)

窓もどきを探せ!

もちろん、後からふさがれた窓もあるかもしれません。

( 奥に見えているのは、ホーバーン・ミュージアム The Holburn Museum )

ホーバーン・ミュージアムについて書いた記事のリンクを貼りました。↓最初に投稿した時と写真が少し変わっています。いっぺん読んで下さった方も、ぜひ見てくださいな。

ルネッサンス風の橋のこちらとあちら側、無料で入れる美術館2軒  バース3

BTPの看板がでているこの角ビルは、紅茶の美味しかった、カフェ、ボストン・ティー・パーティ Boston Tea Party。

記事のリンクを貼りました。↓
バースで朝食、紅茶がおいしい環境にやさしいカフェ・レストラン・・・バース 6 番外編

課税の対象だったのは、窓が一戸当たり10個以上ある家だけだったそうです。窓の数が増えるたびに窓1個当たりの税率が上がっていきます。

だから、本来は裕福な人々から徴税し、小さな家に住む貧しい人々には課税されない民主的な課税法・・・のつもりだったのです。
しかし実際は、窓税のせいで、都市の貧民街などの通気、採光が全くない窓無しの小さな居住スペースに押し込められた たくさんの貧民が健康を害して、長いこと社会問題になっていたんだそうです。

多くのごうつくばり大家が、窓税を払いたくないばかりに、もとあった窓までふさいじゃったらしいのです。

1851年に窓税は廃止されました。

窓のあるべき位置の壁を抜いて、後から窓を穿つのはそれほど難しそうにも思えないのですが、あまり実行されていないようですね。

これは、後からふさいだように見えます。

このたてものは、古そうでした!バースでいちばん古い家 The Oldest House in Bath のすぐそばです。

窓税制定前に建てられたのかもしれません。

バースでいちばん古い家に関しては、前回の記事を読んで下さい。リンクを下に貼りました。↓

興味深い建物が多い、やっぱりバースは古い町!  バース  9

バースの代表的ジョージアン建築、サーカス The Circus の「窓もどき」も見てください。写真が増えています。
記事のリンクを貼りました↓

250年以上前の都市計画!第一級保存指定建築に今も普通に人が住む、世界遺産都市バース・・・その7

※上記記事は、ブログ「イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》」から、江里様のご許可を得て、転載いたしました。
記事名:窓もどき!天下の悪法、窓税が作り出したへんてこりんな建物の数々  バース  10
記事URL:http://blog.goo.ne.jp/stockport/c/df6a9194e126fa4396bdca03de9d4089

関連記事

  1. チャリティショップでアンティークをゲット!!

  2. ClintEastwood

    日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 24話 さあ、南アフリカへ…

  3. TROPIC

    美容で自然を守るコスメ「TROPIC」

  4. イギリスに持って来てよかった意外なもの

  5. あなたの旅が楽しくなる とっておきのイギリスの味Vol.2 クリームティー

  6. イギリスの習い事事情

  7. イギリス国内から国際線に乗る際に気をつけるべきポイント

  8. おいしい英国レシピ No.44 Teisen Lap

  9. イギリスで見つかる和食なもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP