ロンドンで最古の教会

ロンドンに現存する教会で最も古いといわれているのは、St Bartholomew-the-Great(聖バーソロミュー・ザ・グレート教会)です。
この教会は、1123年にヘンリー1世の宮廷に仕る司祭であった Rahere(ラヒア)によって建てられました。

ラヒアはローマに巡礼した際、高熱に倒れました。
「この病が癒されたなら、ロンドンに貧しい人々のための病院を建てよう」と誓ったラヒアの前に、十二使徒の一人である聖バーソロミューが現れました。
その時、ラヒアはスミスフィールドの地を選ぶようにとの啓示を受けたのでした。

 

 

病から回復し、ロンドンに戻ったラヒアは約束通りに病院と修道院を建てました。
病院は、St Bartholomew’s Hospital、通称 Barts(バーツ)とよばれ、現在でも NHS(ナショナル・ヘルス・サービス)の病院として使用されています。
また、この病院は、シャーローック・ホームズシリーズ最初の作品、「緋色の研究」の中でホームズがワトソンと出会った場所としても知られています。

 


ゴシック様式以前に建てられたことを物語る、ロマネスク(ノルマン)様式の丸いアーチが特徴的なこの教会は、もともと修道院として建てられましたが、ヘンリー8世による宗教改革の後、修道院は解散されました。
大半の建物は、その時代に取り壊されましたが、その一部が英国国教会の教区教会として現在まで受け継がれています。

 

 

現代的な建物に囲まれるテューダー様式の門の内側にあるのは、ロンドン最古の教会。
ラヒアが眠るこの教会は、病気の回復を祈願する場所でもありますが、ロンドン市民にも意外に知られていないようです。

※上記記事は、ブログ「ロンドン発 -庶民的生活-」から、Lady Masala様のご許可を得て、転載いたしました。
記事名:ロンドンで最古の教会
記事URL:http://workingclass.blog109.fc2.com/blog-entry-556.html

関連記事

  1. あなたの旅が楽しくなる とっておきのイギリスの味Vol.2 クリームティー

  2. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 7 ビッグ・バースデー・パ…

  3. イギリスで公開されたパディントン2

    イギリスで日本より先に映画「パディントン2」を見てきた

  4. ブリクストン・ビレッジ

  5. 日本のおばさんが、クリント・イーストウッド似のイギリス人と結婚できた理由 2 初めての電話

  6. ジョージエズラのライブ

    Youtube発のイギリスミュージシャン「ジョージ・エズラ」に幅広い世代のファンがいる理由

  7. 地元のフリーペーパーで大人気の「交際欄」

  8. チャリティショップでアンティークをゲット!!

  9. イギリスの浮世絵展示会

    【会話に使える日本の話題】海外で紹介したい日本のアート作品 浮世絵編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP